ここから本文です

『カウボーイビバップ』の第6話「悪魔を憐れむ歌」について。 スパイクがウェン...

zer********さん

2018/5/1300:08:45

『カウボーイビバップ』の第6話「悪魔を憐れむ歌」について。

スパイクがウェンとの対決の前にジェットに「気に食わねぇんだ。気に食わないんだよ。

」と言っていましたが、一体何が気に食わなかったんでしょうか?

カウボーイビバップ,ウェン,スパイク,ジェット,悪魔,ゼブラ,不老不死

閲覧数:
289
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wan********さん

2018/5/1300:27:11

ウェンは、少年時代位相差空間ゲートの事故に巻き込まれ年も取れず死ねない身体になっていました。
一部の浅はかな支配者やマッドサイエンティストなどは不老不死に憧れますが、何があっても死ぬことができないというのは嫌なことや辛いことからも逃げることができず終えることもできず自分ひとり世界に取り残されて苦しみ続けることです。
ウェンも長く生き続けて嫌気がさしていました。だから、最後にスパイクに撃たれた時に「これでやっと死ねる……」と満足気だったのです。

ウェンは生き続けなければならないために、ゼブラを殺し「父親」として操っていました。子供の姿のままでは不自然ですし、大人の保護者がいたほうが世間体からも生きやすいからです。ウェンは、そのゼブラを助けに来た親友のジラフも殺しました。

ゼブラとジラフの友情を引き裂いたこと。生き続けざるを得ないためにそうするしかなかったウェンのこと。ウェンを不老不死の身体にしたゲート事故のこと。
それらの全てが気に食わない、と言ったのだと思います。だから、それらの全てを終わらせるためにスパイクは戦いに出たのです。

質問した人からのコメント

2018/5/13 00:33:32

つまり50年前のゲート事故でずっと年を取れなくなり少年の姿のままで死ねない体のウェンをスパイクが憐れみ殺してやったという事ですよね(この回のタイトルが「悪魔を憐れむ歌」というのは皮肉ですが・・・)。

事実、ウェンは額を撃ち抜かれた時にスパイクに「これでやっと死ねるのか。楽になってきた・・・」とあたかも殺してくれた事に感謝するような言葉を言っていましたしね。
相当辛かったんでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる