ここから本文です

ビットコイン(暗号通貨・仮想通貨)の差金取引における課税額算出の考え方につい...

アバター

ID非公開さん

2018/5/1403:34:11

ビットコイン(暗号通貨・仮想通貨)の差金取引における課税額算出の考え方について質問です。

具体的には、bitflyerという取引所の『BTC-FX』『BTC先物』の取引についてです。

現状で、現物の売却益が雑所得扱いとなることは理解しております。
bitflyerのBTC-FX/先物のような差金取引の場合にどうなるかを知りたいと考えています。

現時点の取引状況は以下のとおりです。
・株取引など法定の証券の取引は一切行っておらず、もっぱら暗号通貨市場のみ取引
・現物は非所有で、売買実績もなし(アルトコイン含む)
・銀行口座からbitflyer口座に「現物購入可能な日本円」として入金し、そこからFXや先物で使う「証拠金」への変換(入金)やその逆は実施しているが、bitflyer口座の日本円を銀行口座に戻す(出金)事は未実施

この状況を前提での質問です。
例えば以下の状況だと、どの時点で課税対象となり、その金額はどうなるのでしょうか?
1)銀行口座の現金50万円を「現物購入可能な日本円」としてbitflyer口座に入金し、日本円50万円となる
2)その日本円のうち10万円を証拠金に変換(入金)し、日本円40万円、証拠金10万となる
3)その後のFX/先物取引の中で、「ショート(売り)」で約定し決済した結果4万減り、証拠金6万となる
4)更に「ショート」で約定し決済した結果5万円増え、証拠金11万となる
5)更に「ロング(買い)」で約定し決済した結果1万円増え、証拠金12万となる
6)証拠金12万を日本円に戻し、日本円52万円となる(このあと銀行口座へは移していない)

閲覧数:
93
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

niu********さん

2018/5/1412:16:15

ビットコインの損益とビットコインFXの損益通算はできるのでしょうか。教えてください。
また、違うコインどうしでも損益通算できるのでしょうか。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111837425...

前に質問あったので参考程度にどうぞ。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/5/1415:55:05

    ご回答ありがとうございます。

    今回特に知りたいのは、質問文にも書きましたようにBTC-FX/先物は「どの時点で」課税対象となるのか、なのです。リンク先は損益通算についてのみについての問答のため、今回欲しい解説や回答とはやや趣旨が異なりますし、また今回為替FXではなく「BTC-FX」についての質問であり、ご提示いただいたリンク先やブログはその点記述があいまいで、BTC-FXについては明示して説明がなく、あまり参考にならないようです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

美稲恋さん

2018/5/1512:58:28

>3)その後のFX/先物取引の中で、「ショート(売り)」で約定し決済した結果4万減り、証拠金6万となる

課税対象です

>4)更に「ショート」で約定し決済した結果5万円増え、証拠金11万となる

課税対象です

>5)更に「ロング(買い)」で約定し決済した結果1万円増え、証拠金12万となる

課税対象です

(-4)+(+5)+(+1)=2
なので2万円が雑所得の課税対象です

確定申告の義務は発生していません
課税金額は所得がわからないので解りません

>3)その後のFX/先物取引の中で、「ショート(売り)」で約定し決済した結果4万減り、証拠金6万となる...

steppyさん

2018/5/1500:49:10

仮想通貨に係る課税関係の整備は未完成の状態で、国税庁から公式に発表されているのは、現物の仮想通貨取引に係る所得税の扱いと、仮想通貨交換業者による金銭補償に係る所得税の扱いの2点のみです(後者はコインチェック社による仮想通貨流出に伴う補償に対応するために公表されました)。

しかし、これらの公式発表の内容を見ると、その考え方は一般的な金融商品や金融類似商品の課税関係と何ら変わるところがありません。
したがって、国税庁から具体的な対応方法が公表されないかぎりは、一般的な金融商品等の考え方を踏襲することで問題はないと思います。

具体的には、ご質問の設定の場合、ショートまたはロングを「決済」した時点が課税時期になると考えれば問題はないと思います。

私としては、この判断で問題が生じることはないと考えていますが、冒頭に書いたとおり、国税庁から具体的な見解が出されていない以上、真に責任を持った回答ができるのは税務職員のみです(税務職員も国税局に質疑応答文書による打診をするかもしれません)。
ご不安であれば、最寄りの税務署にご確認ください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる