ここから本文です

アイスランドに観光するなら

アバター

ID非公開さん

2018/5/1502:10:47

アイスランドに観光するなら

★絶対にここは行くべき!
★アイスランドの料理
★安く旅をするコツなど
★その他注意点など

よろしくお願いします。

閲覧数:
80
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yak********さん

2018/5/1516:16:16

べたですが、ゴールデンサークルと言われる、
地球の割れ目、間欠泉、シンクヴァトラヴァトン湖に
寒い時期であれば氷河の洞窟(暖かい時期は立ち入り禁止)
ブルーラグーンでしょうか。

アイスランド料理と言うのはあまりありませんが、娯楽の
あまりないエリアのせいもあってか、料理のレベルは大変
高いです。そこにお家芸の水産物が相まって、個人的には
北欧を含む北ヨーロッパNo.1の美食の国と思います。

田舎に行っても各町に一つくらい漁師食堂がありますが
大変美味しいです。

水産物は、日本では食べられないオレンジらフィーや、
アンコウなどの白身、手長エビが美味しいです。
捕鯨国でもあるので鯨も食べられます。

安く旅するコツは日本から行くことです。航空路線が
独占なので、ヨーロッパ発の航空券はすごく高いです。
島内の滞在ですが、物価は高いです。

それ以外の注意点ですが、お酒が高いので入国時に
免税店があるのでそこで購入すること。タクシー代が
高いのと、町間の距離が離れているので要注意です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rin********さん

2018/5/1723:55:48

★絶対にここは行くべき!

人の趣味に拠ります。
観光旅行で訪れる多くの人が行く有名処を抑えておきたいのなら、
日本発着の団体ツアーの行程を参考にするのが一番だと思います。
ただし夏季(なかでも6月下旬~遅くとも8月上旬がハイシーズン)と
冬季で、出来ることも見どころも違うので、お気を付けください。

アイスランドっていえば自然観光だろ!というのが定説だし、
実際、ほんとうに素敵な見どころが多々あるし、
逆に、何もなさ、をあちこちで楽しめますが、
よく「首都観光なんて半日で十分」と聞くのは個人的に残念です。
案外と首都でフラフラ過ごす愉しみもあります。
イベントや夜遊びや買い物だけでなく、長い散歩も相当愉しい。
といっても、これもまた、個人の趣味次第ですね。

他の方が挙げた「ウエストマン島」は、
ウエストマン諸島の中の、ヘイマエイ、という島かと思います。
たとえば伊豆大島とか三宅島とか言われてウットリする人には、
気持ちのよいところだと思います、
私は再訪して数日間滞在したほど好きな場所です。
時期によってはパフィンという鳥がやまほど見られます。
私は北側や西側の島には行ったことがないのですが、そこも楽しそうです。
あと、首都から近い…というか、ほんのすぐそこ、の島は、
ジョンレノン&オノヨーコ関連のなんちゃらで有名になりましたが、
それはさておき(そういうの建てるってのが嫌いなのでw)、
ここもまた、天気が良い日に散歩して歴史を振り返り妄想するに愉しい。
でもほんとうに何もないから、やはり人に勧めるのは気が引ける。

ところで、
ご質問者さまがどういう方か全く不明ですが、
日本での多くの社会人は、先に「旅行にいける時期」があると思います。
その時期にどういう観光スポットに行けるかが、まず大事です。
webでいくらでも調べる手段もあるので、
ともかく、「時期」と「個人的趣味」次第です。
その他、首都のイベント等は、たとえばこちらで確認できます。
(首都案内をする観光局みたいなところのサイト)
https://visitreykjavik.is/

★アイスランドの料理

近年は違うのかもしれませんが、もともと現地の人には外食はハレだったそうで、
現地の人にとってのアイスランド料理は、かなりシンプルなようです。
そうした料理… タラと芋を潰して混ぜたものとか、羊肉燻製とか、羊頭とか…
を提供する、観光客が使い易い(いまではほぼ観光客向け?)店は幾つかあります。
家や共同住宅の庭にバーベキューグリルを見かけることがよくあり、
実際よくやってるようですが、これはまぁ機会に恵まれないとアレでしょう。
首都中心には世界的に超有名なピルサ(ホットドッグ)のスタンドがあります。
アイスランドのホットドッグの定番は、ちょっと変わってます。
超有名店でも、そこらのスタンドやドライブインでも変わりない気がしてるけど、
その有名店であっても、観光客ばかりでもなく現地の人も並んでる。
あと、アイスクリームは(日本人には寒いw)夏だけでなく、
冬でも現地の方々は楽しんでいらっしゃるようですし、
総じて乳製品が旨い国だとおもいますし、せっかくなら行ってみては?
現代ではアイスランド独自の、乳製品、"スキール" は旅行者の評判上々。
ヨーグルトっぽいソフトチーズって感じで、スーパーでも買えるし、
首都のホテルの朝食で置いてあったりもします。
ファストフードらしいファストフードは、バーガーよりはピザかもしれないけど、
ちょっと独特なホットドッグと違って、普通なピザは別に所望しませんでしょ?
首都中心部には山ほど老舗や、inなレストランがあって、そりゃまぁ高いですが、
旅行中1度はそうした店で、海産物や羊を堪能するのもいいと思います。
あと、移民構成所以か、首都には以前からタイ料理屋は割とあって、
なんぞ Sushi だの Bento だのの店も増えてきてるようで、
日本から旅する日本人が敢えて食べてみるのも一興と思います(私はしない)

ええっと…
これも結局「どの店で食べたいか」「どういうメニューを食べたいか」以前に、
家庭料理に近いものとか、有名老舗レストランとか、定番ファストフードとか、
大昔からの伝統食とか、最近の流行りとか、現地のオサレpeopleが行くとことか、
「アイスランドの料理」っていっても、どういうものをご所望されているのか?

だって、「日本の料理がたべたい」っていう外人さんに、
あなたは、京都の料亭を紹介するのか、銀座の鮨屋を予約するのか、
回転寿司やラーメンをすすめるのか、コンビニのおむすびなのか、なんなのか。

でも、このあたりについては、近年のガイドブックやweb記事が、
(具体的な店舗情報は変わっちゃっている可能性も高いとはいえ)、
色んな切り口での情報を収載してると感じています。
例えばこんな本が面白い。
https://www.amazon.co.jp/dp/4802200641

ご参考までに、こういうのもあります
(個々に、あるいは観光客向けに盛り合わせで、時期によらず食す機会も無くはない)。記事の著者は上の図書の著者ですね。
http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2016/03/iceland02/

★安く旅をするコツなど

たとえば… アウトドア経験が十分にあり、ルールや常識を重んじる方が、
”ハイシーズンであれば”
食料持参の自炊でキャンプサイトや山小屋を利用することを、
とめはしませんし、実に楽しいと思います。
面倒なので省きますが、問題行動の記事をみたり噂聞いたり、よくあります。
と書くと、内陸の楽しみはハードル高そうに思われることでしょうが、
自力で動かなくても、夏季なら長距離バスがあったり、
その途中に小屋があったりもしますから、安心して動ける場合もあります。
ルートによる事情や情報を自力で得られなかったら、
やはりプロに相談したほうがいいですが、
ルートと小屋と季節と運によっては、アウトドア知識皆無でも十分楽しめます。
自力で情報も得て色々対処することに自信がある!というのでなければ、
内陸の自力移動は、まずおすすめできません。

しかしまぁ、夏季は、ただアイスランドに飛んで数日間すごす、ってだけで、
特になにもしなくてもお金が飛んでいきます、
内陸にだけいるわけにもいきませんし、第一「どこでもドア」はありません。
あと、日本と違い、国内線航空よりもバスのほうが安い!とは限りませんので、
実際、いつ行けるかめどがついたら、経費についてはご自身で調べてください。
少なくとも夏季以外に車中泊は考えないで欲しいものだとは思います
(内陸では車中泊するしかない、と恐ろしい嘘回答してる人が過去居ました)。
それは、旅行者の健康のため、でももちろんあるのですが、
野原に停めてるつもりが私有地であることもよくあるし、
旅行者が爆発的に増えた現地では、旅行者のマナーを嘆く記事も増えてます。

あと、他の方も書いていらっしゃいますが、
「安く上げたい!」と思う人は、その予算総額を使って他の国に旅行するほうが、
ずっと堪能できると思うのです。
とくに、自分で調べるより人に聞く(プロにじゃない)という人であれば。

ただし、
例外的に。

基本的な観光名所を、できるだけコンパクトな日程で周り、予算も抑えたい、
しかも自力であちこちを調査しまくるのは面倒、という御希望なのであれば
(決して悪い意味ではなく、調査時間と手間だってコストです!)
日本発着の団体ツアーにのっちゃうのが、一番CP良いと思います。
これは、日本発着団体ツアー複数回(別会社に依頼)、個人旅行複数回、
夏も冬も、弾丸も長め滞在もしたうえでの、感触です。

もちろん、日本発着の団体ツアーならではの窮屈さが嫌なら、それはそれ。
それに、自力で調査して手配すること自体愉しくてたまらん人たちは、
調査時間と手間はコストとはならないわけですから、
自力で周るほうが安いと言いそうなもんで、それも道理です。
実際に使う会社の手配が良いか悪いかとか、参加者のメンツ次第とか、
あとツアーによっては安くあがるどころか贅沢なモンかもしれません、
しかし、そういう話はまた別の問題。
そこに責任は持てませんが、あくまでもCPに関する一般論としては、
一見高いでしょうが、結構コンパクトに、お得になってると思います。

あと、次項で注意点として書きますが、
何といっても、現地での天候に行程が左右されることがよくあるので、
そういうときにどうするか、自分で考え選択してとっさに何かを手配する、
といった手間を避けられる”かも”知れないのが、団体ツアーかと。
しつこいですが、見どころを知恵袋で聞くタイプであれば、手間=コストかと。
結局プロにゆだねちゃうのが、何かと安上がりで安心だと思います。
全て自分で調べて手配するのが趣味の人を除けば、ですが、
プロに払う対価をケチったせいで自分の時間と手間を使うのは、勿体ない気が。

(つづく)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tod********さん

2018/5/1511:57:49

ID非公開!

ウエストマン島
山頂でのスノーモービル。

料理は殆ど食べるものがありません。
美味しいものもあるかも知れませんが、多分別注で諦めるほどでは?

安くするにはこの国を外した方が良いですね。
11日間で、¥1,807千円/2人でした。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kik********さん

2018/5/1510:36:55

治安がめっちゃいいらしいです。注意することがあるのでしょうか。

ley********さん

2018/5/1504:20:26

ガイドブックをまず見てください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる