ここから本文です

心理学統計についてです。

kan********さん

2018/5/2218:01:18

心理学統計についてです。

急ぎで回答お願いします!

明日ゼミでプレゼンがあるのですが、有意確率(p<.001など)について以前ゼミの教授が
「○○%水準で有意であるって言い回しはもう古いんだぞ~イマドキはプロバビリティなんだぞ~」
なんて冗談で言っていたのですが、プロバビリティという単語を使ってp<.001を表現するとき、なんと表現するのが正しいのですか?教授のおっしゃったことにできるだけ合わせたいのでそれっぽい言い回しを使いたいです。

プロバビリティという単語しかメモしてなかったので正しい言い回しを覚えておらず。。。(´・ω・`)
わかる方いたら回答お願いします!

まにあわなさそうだったら○○%水準で~の方使います。

閲覧数:
22
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/5/2302:44:26

プロバビリティと言うのは一般に「確率」と訳されます。なので、「1.00-有意水準」がプロバビリティと言うことになります。その数字を使って「何パーセントのプロバビリティで差が認められた」くらいの言い回しになるのでは、と思います。

質問した人からのコメント

2018/5/23 10:19:32

プロパビリティは確率という意味だったんですね…!ご回答頂きありがとうございました!

「有意水準とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる