ここから本文です

任意団体で、今期から会計を頼まれました。 今期から今までの本会計に加えて、地...

aki********さん

2018/5/2508:58:20

任意団体で、今期から会計を頼まれました。
今期から今までの本会計に加えて、地域ボランティア活動として、特別会計が加わり、特別会計には税務申告が必要ということになって、従前の「収支計

算書」に加えて「正味財産増減計算書」と「貸借対照表」がいるということになりました。
今から少しずつ勉強して行こうと思っているのですが、本会計、特別会計それぞれに、上記の3種類の決算書が必要なのでしょうか。それともどれかの書類について、2会計に分けたものがいるのでしょうか。(個人的には、申告が要るので、正味財産増減計算書はそれぞれの会計に必要だろうと思っていますが)
ご教授ください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
34
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2018/5/3021:09:44

団体規約をまずは読んでみるべきですが、特別会計なんて会計区分はありませんし、無闇に会計を分けるべきではありません。

話の内容から、いわゆる特別会計では、収益事業を行っていてそれに対して法人税の申告が必要になっているかと思います。
ですので、収益事業と非収益事業の区分経理が出来れば問題ないです。
収益事業だけをまとめたものと、収益事業と非収益事業を一葉にまとめたものが出来れば二種類で構いません。

質問した人からのコメント

2018/5/31 22:39:19

回答ありがとうございます。
よくわからない者同士が集まって話をしているので、分からないまま複雑になってしまったようです。
もっと単純に考えればよかったのですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる