ここから本文です

愛媛県の職員が書いたまた聞きのまた聞きのメモ文書で野党は総理を追及していまし...

ken********さん

2018/5/2706:43:01

愛媛県の職員が書いたまた聞きのまた聞きのメモ文書で野党は総理を追及していましたが、その文書はウソであったようです。以前民主党が偽メールで総理を追及して大恥をかきましたが、今回も同じですか。

閲覧数:
40
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nag********さん

2018/5/2707:17:27

加計学園は、実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出し、
愛媛県・今治市へ補助金をせびっていたことになります。。
(結果、県・市が総事業費の半額の93億円を3年間で支払う事に・・・)


愛媛県・今治市への背信行為とも受け取れます。

  • 質問者

    ken********さん

    2018/5/2707:34:08

    総理と理事長が面会したら93億円払うのですか。それこそ県や市は国民に対する背信行為ではないですか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tot********さん

2018/5/2706:58:26

愛媛県文書と国家戦略特区諮問会議の議事録、ワーキンググループのヒアリングの議事録。

これらを読んで時系列で整理すると、
愛媛県の文書の内容、柳瀬秘書官の説明、加計学園の職員が間違った情報、つまり自治体に嘘、いい加減な情報を使った

というのは全部合理的に説明がつきます
ようはどれも正しいという推測がちゃんと成立するんです
そして総理、加計理事長がこの件にノータッチでも別におかしくないんですよ

まず 今治、愛媛は当時 構造改革特区で連名で規制緩和を求める要望を文科省に出し続けていたが、門前払い、再検討要請、門前払いを7年繰り返してたからすっかりこの状況に慣れきっていたんですよ

危機感を持っていたのが加計学園でとりわけ自治体と協力して獣医学部新設を目指すことのために配置されている職員とか教授ですよ
自治体は公務員なんで、別に成果が出ない、話が進まなくても給料を貰うことに抵抗ないだろうけど
加計学園の方の獣医学部新設を目指す関係者は「給料泥棒」みたいな状況ですよね
居心地が悪い、給料を貰って話が動かないのは申し訳ないという気持ちがあるんです

今治、愛媛、加計学園の三者の中では真剣さ、危機感を持っていたのは加計学園です

国家戦略特区において2014年8月から
新潟の案をきっかけで獣医学部新設、岩盤規制への議論が始まったことに気づいた
加計学園が焦ったんですよ

そこで国家戦略特区で挑戦する事に方針転換をして、自治体を説得するため、ケツをひっぱたくために、
嘘も方便という奴で
「総理がこう言ってたらしい」とか「下村文科大臣がこう言ってたらしい」「地元の動きが鈍いと怒られた」と理事長が言ってたって吹き込んだんです
これを聞くと自治体は
「総理や下村文科大臣も気にしているならよし、じゃあ国家戦略特区に申請してみようか」
っていう気になります

その程度の内容なんです
愛媛県文書はだらけていた自治体を国家戦略特区での挑戦に導いたのが協力者である加計学園だったというのが分かるだけの文書です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる