ここから本文です

1級建築士の資格についての質問です。 1級建築士免許を平成7年に取得し平成9年...

アバター

ID非公開さん

2018/5/2709:41:49

1級建築士の資格についての質問です。

1級建築士免許を平成7年に取得し平成9年までゼネコンに意匠設計部門で働いていたものです。
免許書には平成12年まで有効とあります。

退社後専業主婦となり一度も建築業界で働いていませんでしたので免許の更新もしていません。
この場合、私にはまだ1級建築士の資格があるのかを教えてください。

そして資格がない場合、今後 更新等の届出や建築士法改正による建築士講習を受けることにより、正式に資格を持った状態に戻ることができるのかを教えてください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
430
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mad********さん

リクエストマッチ

2018/6/309:29:11

建築士の資格には期限はありません。
意匠設計部門でも監理技術者の講習を受けていたんですね。
その当時は監理技術者講習が民営化されていなかったので、
監理技術者証は1枚だけだったのですが、
今は監理技術者証と監理技術者講習修了証の2セットで有効
となります。
講習は日建学院でも総合資格でも色々なところでやってます。
監理技術者証と監理技術者修了証も5年で更新です。

私が1級をとったのは若干遅く平成12年ですが、大幅な法律的な
差異はないので、少しだけ解説します。

1.
建築士事務所の所属建築士(管理建築士含む)は3年に1回の定期
講習が義務付けられています。講習には修了考査があります。
2.
建築士免許も自動車と同じ様に点数制度です。
違反が積もると業務停止とか取り消しになります。
3.
もう関係の無いことですが、学科試験の試験科目が一つ増えてます。
私の頃でも四科目でした。
今の人は大変だと思います・・・。
同時に受検資格も結構変わりました。
指定科目と単位数+学歴に応じた実務経験年数になっており、何の
学科卒なのかは昔ほど問われなくなっています。
ただし、大工はダメ、行政職や大学院卒でも設計監理じゃないとダメ
など、実務経験の内容は昔より厳格化されています。

実務上はともかくとして、建築士法上、資格を有しているに当り建築士
として就業していないなら、何もしていなくても問題はないです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

Yahoo!しごと検索で探してみよう

1級建築士 の求人情報(52,985件)

1級建築士
  • 大和ハウス工業株式会社
  • 正社員
  • 年収500万円〜1,000万円
  • 山口県
建設・設備求人データベース
1級建築士【滋賀】
  • エネサーブ
  • 正社員
  • 非掲載
  • 滋賀県
マイナビ転職エージェントサーチ
1級建築士(構造設計)
  • 株式会社大林組
  • 正社員
  • 年収530万円〜900万円
  • 宮城県
建設・設備求人データベース
1級建築士(意匠設計)
  • 株式会社大林組
  • 正社員
  • 年収530万円〜900万円
  • 大阪府
建設・設備求人データベース
1級建築士(商業施設等)
  • 大東建託株式会社
  • 正社員
  • 年収500万円〜700万円
  • 埼玉県
建設・設備求人データベース
1級建築士
  • 株式会社アルバイトタイムス JOB転職エージェント ※東証JASDAQ上場
  • 正社員
  • 年収520万円〜
  • 静岡県島田市
JOBアルバイトタイムス
構造設計(1級建築士)
  • 株式会社松下設計
  • 正社員
  • 年収400万円〜700万円
  • 埼玉県
建設・設備求人データベース
1級建築士(意匠設計)
  • 株式会社大林組
  • 正社員
  • 年収530万円〜900万円
建設・設備求人データベース
1級建築士
  • 株式会社アルバイトタイムス JOB転職エージェント ※東証JASDAQ上場
  • 正社員
  • 年収520万円〜
  • 静岡県島田市
DOMO!NET
設計監理(1級建築士)
  • 株式会社松下設計
  • 正社員
  • 年収400万円〜700万円
  • 埼玉県
建設・設備求人データベース

もっと見る >>

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

asd********さん

2018/6/110:35:58

国家資格は剥奪されない限り一生有効ですよ。

建築士事務所に所属する建築士は定期講習が必要となっているだけで、資格とは別と考えて下さい。

建築士事務所に所属する建築士の義務というだけです。

gog********さん

2018/5/3017:36:53

みなさんの仰るとおり、建築士の資格には期限はありません。


意匠設計部門でも監理技術者の講習を受けていたんですね。

その当時は監理技術者講習が民営化されていなかったので、
監理技術者証は1枚だけだったのですが、
今は監理技術者証と監理技術者講習修了証の2セットで有効となります。
講習は日建学院でも総合資格でも色々なところでやってます。
監理技術者証と監理技術者修了証も5年で更新です。

私が1級をとったのは若干遅く平成12年ですが、
大幅な法律的な差異はないので、少しだけ解説します。

1.
建築士事務所の所属建築士(管理建築士含む)は3年に1回の定期講習が義務付けられています。
講習には修了考査があります。
2.
建築士免許も自動車と同じ様に点数制度です。
違反が積もると業務停止とか取り消しになります。
3.
もう関係の無いことですが、学科試験の試験科目が一つ増えてます。
私の頃でも四科目でした。
今の人は大変だと思います・・・。
同時に受検資格も結構変わりました。
指定科目と単位数+学歴に応じた実務経験年数になっており、何の学科卒なのかは昔ほど問われなくなっています。
ただし、大工はダメ、行政職や大学院卒でも設計監理じゃないとダメなど、
実務経験の内容は昔より厳格化されています。


実務上はともかくとして、
建築士法上、
資格を有しているに当たって、
建築士として就業していないなら、何もしていなくても問題はないです。

kat********さん

2018/5/2710:33:54

定期講習は姉歯の事件がきっかけで創設されたので平成12年はまだ無いはずです。
当時の免許証は賞状タイプで有効期限の記載はありません。
もう一度よく確認しましょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sn_********さん

2018/5/2709:52:54

建築士免許には有効期限も更新もありません一生有効です
ただし、建築士事務所に所属している場合には3年ごとの定期講習が
義務付けられております
その期限が12年度までということでしょう
http://www.jaeic.or.jp/koshuannai/teikikoshu/kteiki/index.html
平成7年だと免許はカード型(免許の証明)ではなく大臣名の入った紙のタイプでしょうか
講習の受講証は免許とは別のものです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる