ここから本文です

前期の売掛金の貸し倒れには貸倒引当金を充当することができ、なぜ当期のにはでき...

yas********さん

2018/5/2816:11:38

前期の売掛金の貸し倒れには貸倒引当金を充当することができ、なぜ当期のにはできないのですか?理由が知りたいです。

閲覧数:
33
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

czv********さん

2018/5/2823:57:03

貸倒引当金を計上する目的を考えると分かります。
簿記には収益とそれに対応する費用を同じ期に計上するべきという考え方があります。
しかし、当期の売上が翌期以降に貸倒れた場合、
売上と貸倒損失が別の期に計上されることとなり、
収益と費用の対応が取れません。
そこで期末時点での売掛金等の金額のうち、
翌期以降に貸倒れるであろう金額をあらかじめ見積もり、
費用計上しておこうというのが貸倒引当金の計上目的です。

当期の売上が当期のうちに貸倒れた場合、
貸倒引当金を使わなくても収益と費用の対応が取れるため、
貸倒引当金を充当する必要がないのです。

質問した人からのコメント

2018/6/3 19:51:43

ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ban********さん

2018/5/2817:34:56

通常、貸倒引当金は決算で設定します。
当期の売上取引によって生じた売掛金にはまだ貸倒引当金は設定されていないため、当該売掛金が貸し倒れた場合については貸倒引当金の残高を取り崩す処理はできないと考えることができます。

bok********さん

2018/5/2816:56:53

貸倒引当金は期末に設定されるもので、当期中発生した売掛金に対しては、まだ貸倒引当金が設定されていないため、当期に発生した売掛金が貸し倒れた場合は、その全額を貸倒損失として処理します。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる