ここから本文です

東日本大震災の教訓を教えてください

shu********さん

2018/5/3119:31:42

東日本大震災の教訓を教えてください

閲覧数:
86
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nvw********さん

2018/5/3119:58:02

【東日本大震災の教訓を教えてください 】(shu_042936さん)


・yahooで「東日本大震災 教訓」で検索すると、

『第1章 東日本大震災の教訓
第2編 東日本大震災を踏まえた災害対策の推進
第1章 東日本大震災の教訓
物理学者で随筆家である寺田寅彦は,昭和8年(1933年)に発生した昭和三陸地震津波の直後に書いたエッセイ「津波と人間」で,明治29年(1896年)にも同じ地域に大津波が襲っていたことから,「困ったことには『自然』は過去の習慣に忠実である。地震や津波は新思想の流行等に委細かまわず,頑固に,保守的に執念深くやって来る」とし,「こんなに度々繰り返される自然現象ならば,当該地方の住民は,とうの昔に何かしら相当な対策を考えてこれに備え,災害を未然に防ぐことが出来ていてもよさそうに思われる。これは,この際誰しもそう思うことであろうが,それが実際はなかなかそうならないというのがこの人間界の人間的自然現象であるように見える」と述べている。そして,災害を防ぐためには「人間がもう少し過去の記録を忘れないように努力するより外はない」とともに,「日本国民のこれら災害に関する科学知識の水準をずっと高めることが出来れば,その時に初めて天災の予防が可能になる」として,防災教育の有効性を記している。
・・・
<次頁>
1)災害の想定及び災害対策の基本的考え方に関する教訓
(災害の想定)

これまで地震・津波の想定は,当該地域で過去数百年間に経験してきた地震・津波を再現することを基本としてきたが,今回の東日本大震災を想定することができなかったことから,従前の想定手法を見直す必要がある。

また,東日本大震災では,地震・津波に合わせて原子力災害が同時に発生し災害対応をより困難なものにした。今後,地域の特性を踏まえ,起こりうる複合災害を想定した対策について検討する必要がある。
・・・
<次頁>
(2)広域で大規模な災害への即応力に関する教訓
(自然災害における「緊急事態」への対処)

東日本大震災においては,一部の市町村において,首長が欠け,役場が壊滅的被害を受ける等,行政執行機能を喪失した。こうした事態は,これまでの災害対策においては,想定されていないことであった。
・・・
<次頁>
(3)被災者支援等に関する教訓
(避難所の設置・運営)

地区の集会所や個人の住宅等,避難所として指定されていない場所が避難所となった例が多いこと,ライフラインの途絶した場所にも避難所が設けられたことから,これらの場所への救援物資の供給等の支援が十分に行われなかった。
・・・
<次頁>
(4)地震動や津波による被害に関する教訓
(津波からの避難)

津波警報の第1報で発表した地震の規模や津波の高さの予想を,実際の地震の規模や津波の高さが大きく上回っていたため,被害が大きくなったとの指摘がある。また,その後,GPS波浪計が海面の急激な上昇を観測したことを受け,予想される津波の高さは段階的に引き上げられたが,地震による停電等により,津波警報の続報や津波の観測情報が被災地の住民等に十分に伝わらなかったため,被害が大きくなったとの指摘がある。
・・・
<次頁>
(5)教訓のまとめ
以上のとおり導き出された様々な教訓については,おおむね次のように取りまとめることができる。今後の災害対策の検討に当たっては,これらの教訓を確実に踏まえて取り組まなければならない。

・災害対策に当たっては,被害が大きかった現象のみならず,それ以外に起きた現象から得られる教訓等にも着目する必要がある。

・災害を完璧に予想することはできなくても,災害への対応に想定外はあってはならない。このため,災害対策の検討に当たっては,楽観的な想定ではなく,悲観的な想定を行う必要がある。

・被害を最小化する「減災」を実現するためには,行政のみならず,地域,市民,企業といった多様な主体による,ハードやソフトの様々な対策を組み合わせる必要がある。

・発災直後には,十分な情報を得て対策を行うことはできない。このため,不十分な情報の下でも災害対策を行えるように,日頃からの備えや訓練が必要である。

・住民の避難や被災地方公共団体への支援等については,甚大な被害が広範囲にわたって発生することを想定のうえ,広域的な対応を有効に行うことができる制度とする必要がある。

・得られた教訓については,次の災害発生時に忘れられていないように,防災教育等を通じて後世へしっかりと引き継いでいく並々ならない努力を様々な場面で行う必要がある。』
「内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 防災情報のページ > 会議・検討会 > 防災白書 > 平成24年版 防災白書 > 第1章 東日本大震災の教訓」<http://www.bousai.go.jp/kaigirep/hakusho/h24/bousai2012/html/honbun...>から抜粋

がありましたが・・・・。「・・・」は省略した部分ですので、質問者様にて熟読を。

質問した人からのコメント

2018/6/1 10:42:54

詳しく教えていただきありがとうございます

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる