ID非公開

2018/6/1 0:19

99回答

高校留学を考えています。

高校留学を考えています。 中学生女子です。 以前から海外に興味があり、ホームステイなども経験して、いつかは留学をしたいと思っています。 留学には、主に高校留学と大学留学があると思うのですが、それぞれのメリット・デメリットは何ですか? また、国による特色などもあるのですか?(候補としては、アメリカ・カナダ・オーストラリアなどです) 何か知っていることがある方がいたら回答宜しくお願いします。

ベストアンサー

1

オーストラリア・タスマニア州の、高校留学を日本で案内しています。 夢や目的がある子は高校留学で成功しています。 海外に興味があったり、英語を仕事で使える会社員になりたいと漠然と思うなら、高校短期留学や1年留学が最適と私も思います。 オーストラリアは、中学生時代より必須科目と選択科目があり、希望の職業や進路に進みたい科目を積極的に受講します。英語教師でも、シェフでも、画家でも、学者でも、多種多様な職業に対して入門レベルで学ぶ機会が中学校からあります。出来が良いと、その科目だけ1,2学年先に学習する用意を先生がしてくれます。高1(Year10)で高3の数学を終えてる子もいます。 もしも、将来の希望職種がないのなら、高校1年留学までに留めておくことを強くお薦めしています。正規留学生になると、理工、IT、音大、美大、数学得意、法律、観光業、建築、英語教師、等と、高1で進む大学の学部学科をひとまず決めてから出発するのがベストです。 将来とても働きたい職業が中学生であった場合、オーストラリアは中2からその道の学習をする場合もあり、遅くとも高校2年生進級までには決定します。中学では入門レベルですが、日本より5年早く接する事が可能なんです。 高校2/3年生のYear11/12になると専門分野を特化して学ぶことが可能です。オーストラリアは(も?)全教科優秀な生徒は5-10%ぐらいしかいないはず。日本とは違ってユニークな教育システムがあり、得意分野だけ大学1/2年生レベルを学べるので、一部の日本人留学生(苦手科目あり)が喜びます。又、例えば歴史がものすごく苦手だと義務教育程度や偏差値40相当の知識しかない高校生も少なくありません。得意分野が1つでもあると、良い大学に行けるオーストラリアです。日本で大学に行く場合も、特化できてた高校留学生は良い大学に行けます。得意分野だけ、偏差値60-75の教育を受けれるからです。知識と教養は、日本の学生よりムラができます。 「高校留学して、在学中に将来したい事を見つける♪」と考えるのが日本人の典型だと思います。実はこの発想は、オーストラリアの成績が悪い子の典型なんです(汗)。日本の成績が普通なら充分です。成績が上位かどうかより、将来したい仕事や夢を持ってる事の方が重要とも言えます。 確かな目的がある高校留学生には、非常に”おいしい”思いができるオーストラリアです。

1人がナイス!しています

回答した専門家

お人好しの留学カウンセラー

お問い合わせ 0568-55-1534

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝えください

ThanksImg質問者からのお礼コメント

国の特徴について詳しく説明してくださったので、ベストアンサーに選ばせて頂きました。 家族とよく話し合い、しっかり考えてから決めたいと思います。沢山の回答ありがとうございました。

お礼日時:2018/6/4 20:48

その他の回答(8件)

0

ニュージーランドに高校留学しています。 高校留学を2年以上すると、日本の大学を帰国子女入試で受けることができます。(一橋大学などは3年以上の留学が必要)帰国子女入試は、一般入試よりも比較的に簡単です。小論文などの対策をすれば大丈夫です。 それに、留学は早い時からの方がいいと思います。大学で留学するとなると高校留学以上のお金がかかることもありますし、、、。 でも、留学は本当に辛い時が多いです。私自身、日本にいる時は英語が得意で学年5位以内には必ず入っていました。でも、実際来てみたら学校で習ってないような言葉ばかりが出てきます。友達も中学生で英検2級を持っていますが、その子でさえ苦労してます。 私が留学しているニュージーランドは特に訛りがひどいので苦労します。 それに私の通っている学校が地域の中でもかなり差別の多い学校で、来た当時は本当に毎日泣いてました。笑 日本人も中国人も韓国人も現地の人からしたらみんなアジア人なわけで、なんでアジア人がこんなとこにいるの?ってこんな扱いです、、、 もちろん差別もなく現地の友達がすぐできる学校もあります。それに、日本人が多い学校は本当に苦労します。下の方もおっしゃるように、ニュージーランド(に限らず?)は、不登校から来ている子が結構多いです。そういう子達は結局留学に来ても、日本人と絡みます。 だから、留学は本当に考えてからした方がいいと思います。 今の英語力はどうなのかと言う方もいらっしゃいますが、はっきり言って自分の努力次第だと思います。来る前に英語がものすごく出来ても現地に来たら話せず黙ってる子もいるし、逆に来る前は話せなかったけど現地に来て積極的に話している子もいます。だから大事なのは結果だと思います。 何言われても留学行くって決めたなら自分なりに頑張れば大丈夫だと思います!! 応援してます。

0

帰国子女と言うのは元々親の都合で海外で生活をした子の事ですが、最近では私費にて自ら単身留学した生徒も帰国入試を受けれる大学が増えてます、ただし学部が限られているのは正直あります。そして日本の上位大学に合格する為には、一時帰国の際に塾に通ったりしてます。 日本の大学を希望せず、更にある程度の成績であれば世界の大学に進学する事が可能です。自分が留学してどれだけ勉強したかが重要ですね。そして公立より私立の方がサポート体制も整っていて、学力が高目な気がします。

0

デメリットは非常にコストが掛かることですね。それらの国々だと年間で300万円以上は掛かるでしょう。高校留学すると日本の大学受験は不利になりますがそこらへんも考えていますか?高校留学してさらに大学も現地で、となると大学でも1500万円以上は掛かりそうです。 ちなみに、日本の大学の帰国生枠は自主的な留学の場合には使えないことが多いです。親の海外赴任への帯同とかそういうやむを得ない事情の場合のみ、という大学が多いです。 現在の語学力はどのくらいですか?英語で高校レベルの授業を受けられるだけの語学力はありますか?語学力が足りない場合は語学のクラスをまず先に取らないといけないので。卒業までに3年以上掛かることになります。卒業する頃には20歳になっている可能性もあります。 まずはご両親とよく相談して下さい。

0

否定的、つーか今の留学を知らないバカが多いというか…高校、大学、それぞれの留学にちゃんと意味はあるよ。 高校留学ならまず英語が身につくのは当たり前、それ以上に日本と違い、自分で科目選択しながら将来何をしたいか、特にバカが否定しているオーストラリアは人生設計を高校からするので、なんとなーく就活して仕事するんだろうなあ、て生き方をしなくなる。 大学を海外で出れば、就活の舞台が日本、ではなく世界になるわけ。少子高齢化が進む日本は4割近くが年寄りの国になるわけだから、将来考えてもそっちのが全然良い。 デメリットはどこいっても「高い」こと。 国による特色は高校なら、アメリカとイギリスは公立入学不可、カナダは教育委員会選択(学校は基本リクエスト)、NZは高校に出願できるが「イメージ」としていじめられっ子たちが行く国、オーストラリアは英語力が基本的にないと高校コースがスタートできない、などなど。 大学はそれこそキリがない説明になるので、親と話して一度、エージェントに「相談」だけいってみたら?金は取られんから。

0

[留学には、主に高校留学と大学留学があると思うのですが、それぞれのメリット・デメリットは何ですか?] 他にもいろいろありますが、とりあえずオーストラリアでの高校留学については、メリットは何もありません。「海外で生活する」という憧れをかなえる、という点を除いては。 まず、金銭面でのデメリットが非常に大きいです。日本なら実質無料で高校3年間学べるのに、オーストラリアで日本人の子供が学ぶと1年で120万円以上の授業料が必要です。ホームステイとは別にオーストラリア人の家庭に家族として迎えられるのではなく、単に普通の家の中の一部屋を二食または三食つきで間借りするだけのことですから、家賃と食費を払うことになり自宅から高校に通うのと比べれば十倍以上の費用がかかります。物価が高いのでお小遣いも日本よりは沢山必要になるでしょう。これだけの費用で、例えば2年通うと日本で国立大学に入学して卒業することができます。 英語能力が高くなければ最初から高校に入ることもできません。入っても全ての授業を受けられるわけでもありません。大学入学制度が日本とは全然違うので、オーストラリアの真面目な生徒は最後の2年は必死で勉強しています。日本の子供がオーストラリア留学、という言葉で想像するような「楽しいスクールライフ」を送っている子供は多くありません。 オーストラリアの高校を卒業する、ということは日本の大学受験に関しては不利になるということです。帰国子女枠のある大学、学部は限られ、有名大学などには小学校や中学校から親と一緒に英語圏にいたような受験生が殺到します。高校からオーストラリアに来た生徒が、オーストラリアの高校でいい成績を取ることはまぁ無理ですからそういう受験生とは勝負になりません。一方で、ではオーストラリアの大学へ、と思っても生まれたときから英語で勉強してきたオーストラリアの高校生とではまったく勝負になりません。 「以前から海外に興味があり、ホームステイなども経験して」 そういうことなら、例えば英語科や国際科などがある日本の高校に入学して、学校の制度を使って1年間留学するほうがよっぽどいいです。