ここから本文です

B型肝炎の追加接種について 去年の11月頃に受けた抗体検査ではHBs抗体(半定量P...

アバター

ID非公開さん

2018/6/106:56:16

B型肝炎の追加接種について

去年の11月頃に受けた抗体検査ではHBs抗体(半定量PHA法)は121という結果でした。ですが、来年に病院実習に行くという事とB型肝炎の予防接種を受けたのが今から3

年ほど前になるという事から、今年中に抗体検査をもう一度して必要なら追加接種した方がいいんじゃないかと思うようになりました。
その場合は追加接種は1回だけで大丈夫なんでしょうか?周囲は今年にB型肝炎の予防接種を受けているので、不安になってしまい質問しました。

閲覧数:
256
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

red********さん

2018/6/109:37:48

PHA法の結果値なら、121でなく、128 倍のはずです。
8倍未満(=陰性)・8倍・16倍・32倍・64倍・128倍 ね。
つまりは、128倍は、十分に高い抗体価 と評価できます。

抗体価は、時間と共に低下します。獲得直後がピークで、それに近い時期は大きなカーブで低下し、しだいに緩やかに低下するのが、一般的です。
予防接種が3年ほど前で、その2年半後の抗体検査で 十分に高い抗体価 なら、現時点でも 結構な抗体価がある と推察するのが自然と存じます。

世界標準の対応では、今後はB型肝炎の予防接種はしません。「十分に高い抗体価に達したことがある人には、追加接種は必要なし」が世界標準です。

現実的な話は、実習先の病院がどんなレベルを要求しているかです。今どきは、なんらかの証明書を要求します。私なら、3回の接種歴+PHA法128倍 を提出すれば、実習可とするでしょう。「○○か月以内の抗体検査」を要求する病院も有るかも知れません。今のうちに病院の方針を確認するのが賢いでしょう。

もし「接種しとこう、そのほうが簡単だもの」と思われるなら、1回の接種で充分です、「打たなくて良い」が世界標準なのは、ウイルスが侵入したら速やかに抗体価が上昇して、発病に至らないとの知見が認められているからです。同様に「1回の接種」で速やかに抗体価は上昇する理屈です。2回以上の接種は、資源の無駄使いってものですね(^_-)-☆

アバター

質問した人からのコメント

2018/6/1 12:59:42

ありがとうございます。不安が解消されました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる