ここから本文です

小学生の理科の勉強法、塾(関西圏)について教えてください。 私には現在小4の...

アバター

ID非公開さん

2018/6/211:56:39

小学生の理科の勉強法、塾(関西圏)について教えてください。


私には現在小4の息子がいます。

現在関西の大手の進学塾に通学しており、国語と算数は現時点では問題なく、この2教科では最難関の私立中学を狙えるレベルにあります(あくまで現時点での話ではありますが)。

しかし、小4からテスト科目に加わった理科で足を引っ張られて順位を落としてしまっているのが現状です。

息子には自らが進学を希望する明確な志望校(私立中学校)が有り、国語と算数は模試等でも今のところ合格圏の点数を取るのですが、その貯金を理科ではきだしてしまう状況です。

国、算、理の3科目で最上位のお子様達は、当然の如くしっかりと理科でも国語や算数と同等の点数をとられますが、うちの息子は国語、算数だけなら、最上位のお子様達と同等の点数を取るものの、理科で大きく離されます。

理科の中でも、考えて解答する様な問題は嫌いではないみたいですが、本人曰く、いわゆる”覚える系”の問題が苦手な様です。

単に丸暗記するのは確かにしんどいと思うので、そこは実際に実物を見たり、図鑑等も使いながら、ものにしていくしかないのかと思うのですが、本人はそういった事に興味を示しません。

一方で「理科を何とかしたい」という気持ちは強い様ですが、具体的にどうしたら良いかわからず、本人は理科(専門)の塾に行きたがっております(それが良いかどうかは別として)。


そこで、小4という学年を考えた時の理科の効果的な勉強法と、私は関西在住なのですが、関西圏にどこか理科に特化した専門塾が有れば是非とも教えて頂けないでしょうか(私個人的には、国語、算数ならともかく、理科に特化した塾が仮にあったとしても行くのはどうかと思いますが、子供が希望しておりますので)。


上記と関連してもう一点、下にもう一人小1の子供がいるのですが、まだ小1なので当然何とも言えないものの、現状国語と算数は興味が有り、やはり問題なさそうなのですが、上の子供の事を考えると、早めに理科にも取り組んでおいた方が良いのではとも思いますが如何でしょうか。

取り組むといってもこの子の場合はまだ小1ですし、まずは理科という科目を好きになるという事が大事だと思いますので(それが最終的には、将来理科という科目が得意になるという事にもつながると思いますので)、必ずしも勉強、塾という事にこだわりません。

「今のうちからこういう事をしておいたら良いのでは?」「今のうちからこういう事を経験させて、こういう事に触れておいたら良いのでは?」的なご助言でも、もちろんけっこうでございます。


以上、二点に関して御教示頂ければ幸いに存じます。


どうぞ宜しくお願い致します。

閲覧数:
165
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mak********さん

2018/6/218:13:22

>本人はそういった事に興味を示しません。

問題はここでしょうね。

お子さんは理科が好きなのでしょうか?好きなら「じゃあ、頑張ろうね」で良いですけど、多分に好きじゃないでしょう。

4教科、中学に入ったら5教科の中で一番人気のない科目が理科。次が社会。

花の絵を見せてこれは何ですか。知らねーよ。どうでもいいじゃん。男の子に花の話をしたって仕方がない。女の子に虫を話をしても気持ち悪いだけ。本当にどうでもいい。社会も同じノリ。歴史に興味が無い子に徳川幕府が開府した年を聞いても、それがどうした。これで覚えろと言われてもね。将来仕事をする上で理系なら理科、文系なら社会は大事なんです。話せば子どももそれは分かってくれますが、頭で分かっても心で共感できるかというと。。。つまらないものはつまらないですよ。

でも理科実験や社会科見学だと、子どもたちはみな目を輝かせます。あの目の輝きを見る限り、理科や社会が、本質的につまらないものなのかというと、それも違うと思います。それが理科や社会の「現実」から切り離されて紙の上だけのものになって、覚えなさい。解けるようになりなさい。という存在に限定されることで、子どもたちの楽しみも切り離されてしまうのです。

そこで座学ではなく理科実験を行なう塾があります。なるほどこれに参加する子どもたちの目は輝いています。素晴らしい。でもこれにも問題があるんです。目を輝かせてきた子どもたちに、「今日はどんな勉強をしてきたの?」と聞いても答えられない。例えば浮沈子の実験をやってみせると、ペットボトルの握りを変える度にその中で浮沈子が浮いたり沈んだり。「ほら、浮かんだ。」「ほら、沈んだ。」とは喜んではくれるんだけど、「何で浮いたり沈んだりするの?」「強く握ったり弱く握ると浮いたり沈んだりするんだよ。」じゃなくてさぁ「どうして強く握ったり弱く握ったりすると浮いたり沈んだりするの?」「。。。」ふざけんなよ。それを答えられるようになって欲しいから金払って実験に参加させてるんじゃん。子どもにとって理科実験なんて遊園地のアトラクションと同じようなものなのです。

思うに、両方必要なんじゃないですか?

理科実験で理科の成績は伸びません。しかし理科実験で目を輝かせている子に対して「理科は好き?」と答えると「好き!」と即答します。問題集を解きこなせば理科の成績は上がりますが、でもそのために座学を受けさせても、同じ質問に「嫌い」と返ってきます。嫌いだから勉強に身が入らず、成績が伸びない。だったら理科実験もやって理科の授業も受けさせたら?

まあ、理論的にはそうでしょうね。理科の授業と連動して、その前後に関連した内容の理科実験を行なう。

でもこれはこれで問題です。

中学受験の理科の授業と理科実験の両方をやっている塾は少ないし、あっても連動はしていない。面談の時に相談をしてもこちらが理科実験の話をしなければ「復習に時間をとってください」程度のアドバイスしかしないはず。その話をすると「調べておきます」みたいな話になる。持ち帰った面談の先生が上の主任などと相談すると間違いなくお金の話。「まだお金があるんだ。。。」で理科実験をやっている教室がすぐそばだったら「だったら理科実験を薦めなよ」になるし、近くになかったりそもそもやっていなければ「そんなことやっても云々。いろいろ手を出すより復習をしっかりすべきです。もちろん実験などで気分転換を図るのも良いとは思いますが。そういう意味も込めて夏のセミナーの理科は、1学期の復習を中心にしてはいますが、○○様が希望される実験のように普段の授業ではできないことも扱います。ぜひ参加してください。」とやれとなります。

そもそも何が何でもお金でなければ解決できない話じゃなし。。。子どもが理科実験や社会科見学が好きなのは、体を動かすから。体育が好きなのと同じ理由。勉強が好き嫌い以前に長時間椅子に座っていなさいというのが子どもにしてみれば苦痛なわけで。。。

私だったら博物館などを活用しますね。大都市圏だったら日帰り圏内にいくらでも博物館はあるでしょう。どの博物館も「何たら展」みたいに期間を決めて展示物を変えているし、土日などは参加者を募って理科実験や見学会のイベントを開いています。博物館以外の行政や企業がやっている親子イベントもあります。日本橋の辺りの電気街で売っている電子工作のキットでも。子どもにすれば家で作るキットそのものより、見慣れない電子部品や工作道具を見て歩く方が楽しいかも。

こうした中から理科の授業と連動していそうなもの、あるいはお子さんが喜ぶものを選んで時々連れて行ってあげてはどうですか?別に毎週毎週連れて行く必要もありません。所詮成績に直結するものじゃありませんから。でもお子さんに「理科が好き!」と言わせてください。じゃないと成績に直結する勉強に身が入りません。

長々と書きましたが、要はお子さんに「理科が好き!」と言わせることです。

>>
息子には自らが進学を希望する明確な志望校(私立中学校)が有り
>>

たぶんにお子さんが自分の口で「○○中学校に行きたい」と言っているのでしょうけど、残念ながら小学生が口にすることは親の誘導に過ぎません。地元の公立中学校がどんなところかも知らない。というか小5・小6でどんなことをするかも知らないのが小4。そんな子が特定の中学校の価値など分かるはずもありません。

でもこれで成功です。そもそも小学生の人生経験で、その生き様からにじみ出てくるであろう無意識の意思、つまり心からの意思を持つなんて無理。有意識の範囲内とはいえ「○○中学校に行きたい」とお子さんが思っている。それが重要。だからこそ塾にも文句を言わず行く。

理科の勉強も同じです。「理科が好き!」と言わせてください。そしたら理科の勉強も頑張るでしょう。そして「○○中学校に行きたい!」と言わせ続けてください。そうすれば合格できるようにもっと頑張ってくれるでしょう。

アバター

質問した人からのコメント

2018/6/8 17:17:57

皆様、有難うございました。どの方のご意見もとても参考になりました。
中でも一番共感出来る部分が多かったmak********様を今回BAとさせて頂きます。
本当に有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hap********さん

2018/6/408:30:56

まだ理科は始めたばかりなので、しょうがない・・・と割り切ってもいいのでは?理科はそれぞれの単元が独立している問題がほとんどだと思うので、1年間で全分野をやれば、その中で点数のとれる単元も出てくると思うし、どうしても興味が持てないとかめったに出題されない単元は捨ててもいいと思います。

「覚える系が苦手」ということですが、ある程度やっていく中でこれは覚える方がいいという項目はつかめてくると思うし、受験には前向きなら、頻出項目から徐々にマスターすることはできると思います。生物/化学/物理の分野はそういう意味で平均点を取ることはむずかしくないと思いますし、地学/天文は出題される頻度が低いと思うので、どうしても理解できないということなら捨ててもいいのでは?

shi********さん

2018/6/310:42:27

それは理科ができないというより、暗記が出来てないだけなんじゃないですかね。
国算と違って知識系の教科では、授業をちゃんと聞いて理解した後、知識を頭に入れる作業がいりますけど、それをやってないだけなんでは。

宿題になってる語句問題や例題を覚えるまでやるだけでいいと思いますよ。いちいち調べたら迷い込むし時間がかって飽きちゃうんで、そのまま覚える。最初は意味がわからなくても、とにかく基本的な用語と典型的な問題を頭の中に入れてあげましょう。丸暗記って言っても大した量じゃないんで。お母さんが解答解説読んでおいて、なるべく短時間でサッサと覚えさせてあげましょう。深く学びたいなら暗記した後にテキストをじっくり読んだらいいと思います。

もちろん、模試などの前には、範囲のところの暗記はもう一度戻ってさらっておく。

算数が問題ないなら、理科は暗記さえすめば成績はあがると思いますが…。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kan********さん

2018/6/214:27:58

小4という事を考えると、今はそれでいいと思います。
算国ベースで構わないので足元をしっかり固めましょう。

虎穴にいらずんば虎児を得ずということわざをご存知ですね。

勉強もある程度のレベルになってくると、一定のリスクを伴います。現在の状況で勝負をかけるのは、理科という桂馬を取りに行くのに算国という金をかけるようなもんで、あまりこだわるのはよくない。

もし5年後半から6年になって科目間の偏差値格差が15くらい開くと・・・・
たとえば算数70、理科55という状況になれば、算数を伸ばせなくなるので、理科を自然とやるようになります。これは香車を使って銀を取りに行くくらいなのでまあ、お勧めです。ここが期が満ちるときです。

・しっかりした勉強のペースが出来ている事
・算数で他人には後れを取らない事
・塾とのコミュニケーションがよくとれている事

これが、しっかりできていれば、今は様子見でいいと思います。
子供なりに頑張っていれば、それで十分
理科の塾は理科をもっと上乗せしたくてしょうがないと本人が望むなら・・・ですね。

小1は、そのままでいいでしょう。
楽しければ、一生懸命なら、十分です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる