ここから本文です

発生学について質問します!

chi********さん

2018/6/415:49:19

発生学について質問します!

原口背唇部を移植する実験などを教科書で学びましたが、原口背唇部が脊索になるという言い方は正しいのでしょうか?
原口背唇部とは原口の動物極がわの部位のことを言うだけで、細胞のことは言ってないと思われるので原口背唇部が脊索になるというのは変だなと感じました!
もし、いうのなら、原腸胚の陥入初期の原口背唇部にある細胞が結果的に脊索になるという言い方が良いと思われるのですがどう思いますか?

閲覧数:
12
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nug********さん

2018/6/416:08:05

形成体は自身が分化し他の部分を誘導するというのがシュペーマンの実験のキモでして、原口背唇部は自身は脊索に分化し、表皮から神経管を誘導する。当時は、細胞に的を射てはいなかったというよりはそこまでのことは未だできなかったんです。もちろん細胞に基礎を置いた発生学はその後発展します。
なお、彼シュペーマンの手先の器用さに感動してくださいね。生物学の研究はそのような職人技の部分も有るのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる