ここから本文です

NHKとの契約は受信が出来ないという状態は関係なく受信できる設備があるだけで契約...

chi********さん

2018/6/510:15:22

NHKとの契約は受信が出来ないという状態は関係なく受信できる設備があるだけで契約しなければならないと言うことですか?

例えばテレビをスカパープレミアム専用やゲーム専用のモニタとして使っててNHKの電波が受信できない環境であってもNHKと契約しなければならないということですか?

閲覧数:
270
回答数:
13
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jur********さん

2018/6/510:47:01

事実上そういうことになります。

あなたがどう解釈するにしてもNHK側は「受信契約の対象になる」と解釈、判断する筈ですから契約の必要性がある、と言うことになります。

  • 質問者

    chi********さん

    2018/6/510:53:53

    NHKの言い分が法律よりも強いということなんですか?まるでとある大学の元監督みたいですね。ほらひねりタックルの命令をした監督みたいですね。法律のどこにそんなNHKの言い分が通用すると書いてあるんですか?だったら自由に規約も法律もNHKが勝手に帰られるということですね
    ということはアンテナやCATVの引き込みがないのに契約しなければならないということですか?

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nhk********さん

2018/6/715:45:33

受信機があるだけで契約の対象にはなりません。これは NHKの裁判でも わかります。法律では その通り 受信機あれば契約となっていません。つまり何らかの方法で電波を受け取ること(受信)が出来なければ契約の対象外ということは放送法64条に書かれてます。協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者という受信設備とは何らかの方法で電波を受信できている環境のことを指しているということであり電波が受信できない環境であれば日本放送協会と契約する必要はないという趣旨のことが但し書きの【ただし、放送の受信を目的としない受信設備】というのに該当すると言うことです。
過去NHKは公式ホームページに
『 テレビをビデオやDVDなど再生専用に使用する場合の受信契約は必要か 』という質問に対して答えが
【放送法では、「放送の受信を目的としない受信設備」であれば、受信契約を必要としないことになっています。ビデオテープやDVDなどの再生にテレビを使用す
る場合は、「放送の受信を目的としない」かどうかで、受信契約の要否を判断することになります。
まず、ビデオテープやDVDの再生のために使用することが多いといっても、アンテナを取り付けていたり、アンテナ端子へ接続していれば、放送を受信する目
的が推定されます。この場合は、受信契約の対象となります。
一方、アンテナを取り付けていなかったり、アンテナ端子に接続していない場合、または事業所において従業員の研修専用で使っている実態がある場合など、
明らかに再生専用であれば受信契約の対象外となります。】ということを載せてましたが法改正もされてないのに削除したと言う経緯があります。明らかに契約欲しさにして国民を騙しているという悪徳犯罪集団だと言うことが見えてきます。コピーしたのをアップしました。
テレビをビデオやDVDなど再生専用に使用する場合の受信契約は必要か
http://www.geocities.jp/fileserver2015/nhkonline1/nhkonline1.pdf

つまり日本放送協会(NHK)の電波を受信目的でない受信機は契約の対象外であることは放送法64条に書かれていることですので契約の対象外になるということです。NHKもこれは認めていることです。根拠となるのがB-CASカードです。B-CASカードを使った裁判しかおこしてないんです。どういうことかというとB-CASカード番号などの個人情報をNHK側に伝えて本契約を交わさなかった者が裁判になったという実例しかありません。これはNHK側が電波が受信出来ていると見なしているという証拠でもあるんです。
つまりテレビがあるだけでは契約の対象にはならず必ず何らかの方法で日本放送協会(NHK)の電波が受信できていることが条件であるということです。よって電波が受信できない環境でありテレビをモニタとして使ってても契約の対象にはならないということです。

下に
【あるだけで契約しなければならない
放送法では受信設備が有れば契約から受信料の支払いになります】
と狂った憶測を書いているバカというウジ虫がわき出てますが法律を理解してないバカです。このringoga727というバカの言い分が通用するというのであれば今では使い物にならないブラウン管テレビだって契約の対象内になるってことなんですね。バカすぎておもしろいです。ブラウン管テレビは受信機じゃないというのはバカの勝手な使い分けに過ぎませんから

mim********さん

2018/6/602:16:55

見る見ないではなく、設備があれば対象です。
つまり、TVが見られる状態なら契約対象です。
同軸ケーブルをつなげばいいからね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dai********さん

2018/6/602:10:35

法律では その通り 受像機あれば契約となっています。
しかし 罰則がありません。

契約すると 支払いの義務がかかります。
これは NHKの裁判でも わかります。

という事は支払わないなら 契約も出来ないです。

勧誘に来たら 契約しなくし、個人情報も教えなければ言いですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yam********さん

2018/6/517:20:38

NHKは捜査権限がないので家宅捜索はできません

NHKが判断できる要素は
・屋外のアンテナ(電波でアンテナを受信する場合)もしくは地上波なら電波がとても強くて室内アンテナでも映る強電界地域
・ケーブルテレビまたは光ファイバー等の有線放送、ただしこれらは無線の電波受信と異なり、各事業者と契約して「あらかじめ代金にNHK受信料を含める契約」となっており、家宅捜索できなくても取りこぼさない仕組みになっています
つまり、NHKは屋外にアンテナがあるか地上波の強電界地域のみ厳しく取り立ててくることは明らかですので、それさえはねのけられるスカパープレミアム専用にすればよいです
ただし、今はスカパープレミアム専用機材を用意するほうが費用面でも形式でも厳しい状態になっています。BSや旧スカパーe2のプレミアムではないスカパー一体型のマルチ衛星アンテナなどのほうが主体でBSとセットですからね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rin********さん

2018/6/513:28:16

>NHKとの契約は受信が出来ないという状態は関係なく受信できる設備があるだけで契約しなければならないと言うことですか?

@;そうです、放送法では受信設備が有れば契約から受信料の支払いになります


>例えばテレビをスカパープレミアム専用やゲーム専用のモニタとして使っててNHKの電波が受信できない環境であってもNHKと契約しなければならないということですか?

@;ですからテレビは受信設備に相当ですので、上記の通りとなります、契約なり受信料の支払いを避けるのならパソコン等に用いるモニターなりディスプレイを用いる事です
ちなみにソニーから
https://smhn.info/201803-sony-bravia-on-business
chi********さん2018/6/510:15:22

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる