ここから本文です

微分回路と積分回路の波形についての質問です。

アバター

ID非公開さん

2018/6/515:05:51

微分回路と積分回路の波形についての質問です。

微分回路は入力を三角波にすると、出力は方形波になって、積分回路は入力を方形波にすると、三角波が出力されますよね?では、周波数が非微分領域、非積分領域ではそれぞれ出力波形はどのようになるのですか?
分かりやすい解説と波形を図に表わして頂けると嬉しいです。

閲覧数:
714
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

fried_turnipさん

2018/6/515:52:28

>周波数が非微分領域、非積分領域では
>それぞれ出力波形はどのようになるのですか?
当該回路の非微分領域、非積分領域の特性次第です。
回路定数を含めて回路を詳細に特定しないと何とも言えません。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/6/516:06:54

    回答ありがとうございます。オペアンプを習ったのですが、非微分で波形はどんな感じになるのかな?と思ったので波の雰囲気が分かれば大丈夫です!正直条件はよく分かりません…微分、積分回路の例なら何でも良いです…
    例えばでお願いします!文系の人間だったためあまりよく分かりません(言い訳ですねごめんなさい)

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tam********さん

2018/6/516:59:02

非微分領域、非積分領域 って、何だろう。
電子回路の中じゃぁ、あんまし使わない言葉だけど。
yahooで検索しても、「非微分領域」はHitしないし、「非積分領域」は数学の二重積分の中でしか出て来ない。。。。。

「周波数が」って書いてあるから、マトモに動ける範囲から周波数が外れたら、って話なのかな。そうだとすれば・・・

>微分回路は入力を三角波にすると、出力は方形波になって・・・
三角波の「傾き」を維持したままで周波数を低くすると、入力信号の振幅がデカくなって飽和します(オペアンプが正常動作できる電圧範囲を超えます)。
入力信号の振幅を抑えて周波数を低くするなら、「傾き」が小さくなりますから、出力される方形波の振幅が小さくなります。

>積分回路は入力を方形波にすると、三角波が
入力の周波数を低くすると、出力される三角波の振幅が大きくなって、いずれオペアンプが出力できる電圧範囲を超えます。

周波数を高くするほうは、オペアンプが付いていかなくなって、微分でも積分でも出力信号の振幅が無くなって来ると思います。たいていは。

なんにせよ、「普通に使用できる状態」ではないので、
あんまりマジメに考える意味は、まったくないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる