ここから本文です

会社は、労働者の給与を出来るだけ手当扱いにすることで、どのような面がメリット...

tio********さん

2018/6/1011:25:43

会社は、労働者の給与を出来るだけ手当扱いにすることで、どのような面がメリットになりますか?

閲覧数:
22
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hir********さん

2018/6/1015:48:02

手当は法律によって決められたものではないので、増減させやすいです。

なので業績不振になっても賃金カットをしやすいですね。

それといろんな手当を創設しておけば「福利厚生に注力している」と言えます。皆勤手当てなどを設定しておけば、「休まない」という抑止力にもなります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kas********さん

2018/6/1011:30:19

基本給を低く抑えられます。

手当は任意で出す、出さないを決められます。
金額も任意です。
基本給は出さなければならないもので、減額など通常あり得ません。

また、ボーナスありますといっても、基本給の〇倍ですから
表現は良く額は少なくすることが出来ます。

手当欲しさに頑張る人も出てくるでしょうから
「好ましくない事業所」ほど、手当を大きくしていますね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jta********さん

2018/6/1011:28:44

退職金 や 賞与などは、

基本給× 月数 という形になっていることが
多いです。

また、手当は、条件が変われば、支給停止は可能ですが
基本給を下げるのは、結構難しいです。

そういう事情があるので、基本給を低いままにしておきたい
です。 でも、それだと給料が安すぎてとならないように
手当をだしておく ってことでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる