ここから本文です

クリスチャンって何でクリスチャンって言うんですか?

a_i********さん

2018/6/1023:36:50

クリスチャンって何でクリスチャンって言うんですか?

補足由来が知りたいです。

閲覧数:
56
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mut********さん

2018/6/1106:40:48

ある文献には

英語のクリスチャン(Christian)は、キリスト(Christ、クライスト)の派生語。「香油を注がれ神聖となった者」という意味のギリシア語<クリストス(Χριστός)が語源であり、元はヘブライ語 משיח(マーシアハ)あるいはメシア(アラビア語では مسيح マシー)のギリシア語訳。英語Christには「救世主」という意味も含まれる。

とありました。

質問した人からのコメント

2018/6/11 19:00:06

皆さんの素晴らしいコメントに涙出ました
ありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

a15********さん

2018/6/1108:26:11

もともとは蔑称としてつかわれたみたいです。

-ianという接尾辞は「〜派の人」と言う意味です。ローマ皇帝(シーザー)に仕える人たちは「シーザリアン(ceasrean)」と呼ばれていました。

そこで、キリスト教の一派のことを「クリスチャン(christian)」と呼ばれるようになりました。

えっ!?当時は英語を使ってたのかって?ギリシャ語だとκαισαρικήだかなんだか、調べるのがめんどくさい。

pri********さん

2018/6/1107:17:35

使徒言行録11章19-26節
ステファノの事件をきっかけにして起こった迫害のために散らされた人々は、フェニキア、キプロス、アンティオキアまで行ったが、ユダヤ人以外のだれにも御言葉を語らなかった。しかし、彼らの中にキプロス島やキレネから来た者がいて、アンティオキアへ行き、ギリシア語を話す人々にも語りかけ、主イエスについて福音を告げ知らせた。 主がこの人々を助けられたので、信じて主に立ち帰った者の数は多かった。このうわさがエルサレムにある教会にも聞こえてきたので、教会はバルナバをアンティオキアへ行くように派遣した。バルナバはそこに到着すると、神の恵みが与えられた有様を見て喜び、そして、固い決意をもって主から離れることのないようにと、皆に勧めた。バルナバは立派な人物で、聖霊と信仰とに満ちていたからである。こうして、多くの人が主へと導かれた。それから、バルナバはサウロを捜しにタルソスへ行き、見つけ出してアンティオキアに連れ帰った。二人は、丸一年の間そこの教会に一緒にいて多くの人を教えた。このアンティオキアで、弟子たちが初めてキリスト者と呼ばれるようになったのである。


聖書 新共同訳 旧約聖書続編つき 日本聖書協会 1994



Thomas Evangelista

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

re_********さん

2018/6/1100:05:05

eta********さん

2018/6/1023:37:06

名前でしょ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる