ここから本文です

よく、「右(右翼)」とか「左(左翼)」とかいいますよね。

アバター

ID非公開さん

2018/6/1107:21:11

よく、「右(右翼)」とか「左(左翼)」とかいいますよね。

「右寄りの人」、とか。あれって簡単に言うとどういうことなんですか?
調べると↓
右翼=保守派
左翼=革新派
と出ました。
てことは一般的に右が普通ってことですか?

世間話に出てくる「あの人右(左)寄りだから・・」とかという表現はどういう意味で使われてるんでしょうか?

補足あまり難しくない説明でお願いします。

閲覧数:
746
回答数:
20
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nih********さん

2018/6/1111:13:11

右翼、左翼という場合は極端な人達です。
一般の人達とは違う。
右翼は軍国主義、左翼は共産主義くらいが簡単な説明なのでは?
世間的にはその程度の認識。どちらも敬遠されます。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/6/1112:48:08

    なるほど、大体の人は右でも左でもない間にいるということですね。
    なんとなくしっくり来ました。
    それくらいの意味合いで使ってる人が多そうですね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/6/15 20:00:43

みなさまありがとうございました!
勉強になりましたー

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/19件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gro********さん

編集あり2018/6/1316:02:07

おっしゃる通り
右翼=保守派
左翼=革新派
です。もう少し言葉を砕きましょう。

右翼、とは「国粋主義者」とも言われます。これは、我が国の伝統、文化を重んじてそれを保守しようという考えです。
右翼はよく「軍国主義」や「過激派」というニュアンスを含めて言われますが、それは軍国主義とは裏を返せば過激な愛国主義だからです。(これを極右と言う)
愛国主義の最たる例が戦争ですね、ですから右翼は街宣車然り、一般的にあまり良いイメージがありません。
(「万歳突撃ー!」なんて如何にも右翼らしい愛国精神ですね)
間違えてはいけないのが、「右翼」と「極右」は別物です。右翼とは軍事行動に寛容ですが、それは「戦争をしないため」であり、反日勢力を抑止する考えが根本にあるだけです。

一方、左翼とは「穏健派」や「自由主義」と言われます。
経済的均衡を主張し、資本主義に異を唱えることが多いです。
国家の積極的な介入に懐疑を持ち、例えばテロ等準備罪なんかを批判する勢力は国家権力の介入を嫌う左寄りと言えます。
近代の日本は抑止力に関して寛容な人間が多いようで右寄りなのかもしれません。

つらつら書きましたが、一般人が右とか左とかいう場合は政治的背景を含むことが少ないようです。
「右寄り」といえば過激派
「左寄り」といえば穏健派、市民派
このくらいのニュアンスでしょう。
しかし政治的に右翼と左翼は一方が正しいとは全く言えず、特に左が「穏健派」というのは間違いで、自由を求めてテロを行う場合もあります。
時代によっては一方の勢力が拡大し、それに謀叛を起こす組織は常に右翼か左翼かの一方でありどちらも行き過ぎれば過激派なのです。

nyw********さん

2018/6/1200:58:56

もともとはフランスの議会席用語です

dan********さん

2018/6/1121:05:15

そうなんだ
年かなんだ

axy********さん

2018/6/1119:01:03

議会のおいて与党が右側の座り野党が左側に座ります。

中国や北朝鮮では共産党が保守派と言われます。

mie********さん

2018/6/1117:46:39

私は人々の思想について勉強しております。
以下は前述として、中立で書いたつもりです。
もしお時間がありましたら、宜しければお読み下さい。


右翼・左翼の表現はよく以下のように理解されています。
右翼→軍国主義、保守(現状を維持すること)
左翼→平和主義、改革(現状を変化させること)
しかし、これは間違いです。

左翼右翼とは”世界は何と何で作られているか”をどう考えるかの違いです。

左翼は”世界は弱いものと強いもので作られている”と考え、その弱いもの側を支持する考えです。
右翼は”世界は味方と敵で作られている”と考え、その味方側を支持する考えです。

以下は左翼・右翼の考え方の具体例です。

まずは左翼です。
左翼は常に弱いものの味方です。
弱いものとは以下です。
貧乏人・障害者・女性(生物学的な意味)・子供・老人・日本にいる外国人(日本人と比べた権利の差)
強いものとは以下です。
金持ち・若者・男性(生物学的な意味)・大人・軍隊


左翼の方が軍事力増強に繋がる法案(安保法案や秘密保護法等)を批判するのは、軍事力とは強いものだからです。
そこに大きな陰謀や策略がある訳ではない場合は多いです。
左翼運動家に対し、中国・朝鮮の工作員だ!的な話をされる方がネットには多く見受けられますが、
基本的には左翼の一般的な考えに過ぎないと思われます。
左翼の方々には”国境”という概念が薄いだけなのです。
もちろん、本当に工作員である方々も存在するとは思いますが。

話が反れましたが、左翼思想に属する代表的な主義主張は以下です。
・女性主義(こども手当て等)
・社会福祉の充実(老人介護等)
・生活保護の充実
・移民や外国人擁護

女性や老人に左翼活動者が多いのも頷いていただけるかと思います。

*****

次の右翼です。
こちらの方がわかりやすいですね。

右翼は世界は味方と敵と考えているので、何が強い・弱いという思考はあまりありません。
味方とは以下です。
親日国・同盟国・自国・自国民・家族・親類
敵とは以下です。
反日国・敵対国・外国・外国人・移民・他人

右翼の方がよく中国や韓国に対して敵対的なのはもう説明するまでもないでしょう。
軍事力強化に対して積極的であるのもこの為です。

右翼思想に属する代表的な主義主張は以下です。
・軍事力強化(安保法案・秘密保護法の推進)
・反日国への制裁
・移民反対



最後に、右翼・左翼は対照的なものではありません。
どちらも国の運営には必要です。
右翼だけでは強者の暴走を許しますし、左翼だけでは国の防衛力の欠如を生みます。
何事もバランスです。

右翼左翼で同調するケースもあります。
例えばいい例として原発への考え方が上げられます。

▼反原発理由(一例)
左翼→被災者(弱者)が発生する為・核武装に繋がる為反対
右翼→自国が汚染され、弱体化する為反対

▼原発推進理由(一例)
左翼→電気代が安くなり、貧乏人(弱者)への救済となる為賛成
右翼→化石燃料だけでは経済力の低下(国力低下)に繋がる為賛成

原発=核武装に繋がるというのは、あまりにも安直ですが、
現実問題このようになっています。

私は中立思想を目指してはいますが、右翼思想に傾倒しています。
思想学者の方も結論として”中立は存在しない”と断言しています。
だって、”世界は『弱者・強者』『敵・味方』どちらで出来ていますか?”と聞かれて、
どちらか答えられない人はいないとおもいます。

質問主の方も自身がどちらの思想か、一度冷静に考えてみると面白いかもしれません。

乱文にて失礼致しました。


-----

以下、質問への回答です。

>てことは一般的に右が普通ってことですか?
上記に照らし合わせますとそうでもありません。
左翼思想も何もおかしい話ではありません。
弱いものに味方するというのは、表向きだけ見れば美しいですから。

>世間話に出てくる「あの人右(左)寄りだから・・」とかという表現はどういう意味で使われてるんでしょうか?
右翼・左翼とは何かを正しく理解されている方はなかなかいません。
世間話で登場するレベルですと、単純に愛国心が強い等の方を指していると考えられます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる