ここから本文です

私のビジネスはマーケティングなので、こちらで源泉徴収の請求書をMoneyForwardで...

アバター

ID非公開さん

2018/6/2014:00:03

私のビジネスはマーケティングなので、こちらで源泉徴収の請求書をMoneyForwardで作っています。
計算には問題ありません。

ですが、私の客は例えば10万の仕事依頼したところで、私には90%しか届いてなくて、その差額は予算内か予算外か不明です。

客側からしたら、源泉だろうが、直接な支払いだろうが、払ってるお金ですが、そう考えると、私には一年間ほど使えないお金で、結局予算内なのに、一年間立て替えになりますよね。

マーケティング業界などのその差額の常識か普段の扱い方ご存知な方いらっしゃるのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
26
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

aji********さん

リクエストマッチ

2018/6/2208:34:00

源泉徴収制度というのは、要は所得税の仮払いで、後日精算されるものですので、まさに仰る通りだと思います。
仮払いも立て替えも、似たようなものですよね。

そういう制度ですよとしか申し上げようがないです。
給与の源泉や、配当の源泉も同じ話です。

アバター

質問した人からのコメント

2018/6/25 12:50:53

やっぱりそうですよね。

お客様側に予算内と言う認識ですし、計算としては許容誤差か利益幅に入れるしかないですよね。

ご確認、誠にありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる