ここから本文です

妻死後の妻の財産について ■夫・妻・子どもの5人家族のケース 妻に結婚前か...

アバター

ID非公開さん

2018/6/1314:54:49

妻死後の妻の財産について

■夫・妻・子どもの5人家族のケース

妻に結婚前からの財産と相続によって得た財産があるとして
遺言書がなく妻が死亡した場合、妻名義の財産の2分の1を夫が、

残り2分の1を子ども達で等分して相続することになるのでしょうか?

また妻の全財産を子どもにだけ残したい場合、
妻が そのように遺言書を書いておけば
子どもだけに相続させることは出来るでしょうか?

閲覧数:
48
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

d3g********さん

2018/6/1321:49:52

遺言書がない場合、相続人の話し合いで決めます。
法定相続分で夫が1/2、子が1/2を等分ですが、夫が自分は要らないと言えば、子が全て相続します。
もし夫と子の意見が合わないのであれば、調停、審判と家庭裁判所で決めることになります。
そのとき法定相続分というのは、かなり目安になるでしょう。
そのため、遺言書がない場合は遺留分は関係なく、話し合いで決めます。

遺言書に子に全て相続すると書かれていた場合は、夫は子に遺留分請求が可能です。
ただし遺留分請求をしなければ、子に相続されます。

相続放棄は、妻が亡くなったのを知ってから3か月以内に家庭裁判所に申述しなければなりません。
相続放棄は妻が生きているときはできませんが、遺留分減額請求権の放棄は可能です。しかし夫が手続きをしなければなりません。

夫と子は血縁関係ですから、後々遺恨が残らないことが第一です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sak********さん

2018/6/1322:15:27

法定相続分は
夫が半分、残りを子どもが等分に分ける
となりますが、
遺産相続は、相続人同士が話し合って好きな割合で分けることができるので、遺言がなくても、夫が財産をいらないと思うなら、その分子どもたちの取り分を増やすことは問題ありません
わざわざ相続放棄の手続きをする必要もありません

相続人全員で話し合って、何をだれにどういう割合で分けるかと決めて、それを遺産分割協議書に書き、相続人全員で署名捺印したらOKです

不動産がなければ、遺産分割協議書がなくてもいいのですが、後でもめるかもしれないので、面倒でも、決めた内容を文章にまとめて、全員が署名捺印しておいた方が無難です。
また、遺産分割協議書があれば、それを使って手続きができるので、手続きの際に全員がそろう必要がなくなるというメリットもあります

ani********さん

2018/6/1315:34:01

遺言がない場合は、お考えのとおり、夫が1/2、子供たちが1/2を等分というのが法定相続分になります。
全財産を子供たちが等分で相続するよう遺言することは可能ですが、夫には遺留分があります。
遺留分は法定相続分の半分ですので、夫の場合は1/4です。
夫が遺留分減殺請求をしてきたときは、1/4については相続させざるを得ません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる