ここから本文です

労災の後遺障害認定は全て労働能力がどれだけ失われたか?という割合をもとに等級...

rik********さん

2008/9/1519:50:02

労災の後遺障害認定は全て労働能力がどれだけ失われたか?という割合をもとに等級を決めているのですか?
外貌の醜状についての不服申し立てについてです。

例えば顔に傷があったとします。自賠責の後遺障害認定の不服申し立ての記載例などを見てみると「一般の就職、婚姻等の社会生活において事実上不利益を受ける蓋然性が高いことも否定できず~」なんて書いてあるんですが、
労災の不服申し立てにおいてもおなじようなことを書いても通用するでしょうか?結婚は関係ないとみなすのでしょうか?
就労に悪影響を与えるということのみを書いたほうがいいのでしょうか?

閲覧数:
840
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kat********さん

2008/9/1520:06:22

労災保険の障害等級は、労働能力喪失率を基準としております

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる