ここから本文です

阪急宝塚線阪神淡路大震災の時は私の記憶では昼過ぎには運転再開されていたと思う...

kaz********さん

2018/6/2019:49:58

阪急宝塚線阪神淡路大震災の時は私の記憶では昼過ぎには運転再開されていたと思うものですが、今回の大阪北部地震では夜になってからの運転再開でした。

規模も、被害も阪神淡路大震災の方が大きかったと思うのですがこの差はなんでしょうか(もしかしたら記憶違いかもわかりませんが)?地震発生時刻が阪神淡路大震災5:46頃、今回の地震が7:59頃と2時間の差はありますがこれを差し引いても阪神淡路大震災の時運転再開が昼過ぎだったから今回は夕方くらいに運転再開かなと思っていました。この差はなんでしょうか?私がない頭で考えるに阪神淡路大震災は早朝だったため線路上を走行している列車が少なかったので線路の点検が割と早くすんだが、今回はまさに通勤通学ラッシュ時2,3分間隔の団子状態のため線路上に多くの電車が止まってしまったため点検に時間がかかったのかと思っているのですが、これであってますかね?他に駅間に止まった電車から乗客を下ろして最寄りの駅まで歩かせたためその線路上から退避したことを確認をするのに時間がかかってしまった原因の一つだとは思いますが。

閲覧数:
352
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ppi********さん

2018/6/2112:39:34

>阪急宝塚線 阪神淡路大震災の時は昼過ぎには運転再開されていたと思うものですが、

その記憶が間違いです。断層線の上にあった、宝塚~ 雲雀ヶ丘花屋敷間は、運こそ翌日から再開していますが、約一週間は超徐行状態だった。
花屋敷~梅田も再開は遅かった。

翌々日、吹田から阪急線で救援に向かっていますから知っている。

地震に限らず、再開までの路線点検に時間をかけるように当局からの通達があったことも今回時間がかかったことの背景のようです。

阪神淡路大震災の時、震源地や野島断層の上にあったJR線などは、今回とは比較にならずひどい。

(以下、ウイキから引用)

>JR不通区間の解消状況

東海道・山陽本線(JR神戸線)…複々線であったため、地震発生翌日から姫路駅 - 西明石駅間、大阪駅 - 甲子園口駅間(複線)で順次、運転を再開した。
駅舎の半壊した鷹取駅は、JR鷹取工場の操車場に仮設ホームを設置して営業を再開した。また駅舎が全壊した新長田駅は当分の間、通過扱いをすることになった。配線変更などにより部分的に開通し、地震発生から74日後の4月1日に最後の不通区間である灘駅 - 住吉駅間を復旧して、複々線での運転を再開し、新快速を朝夕に臨時扱いで増発した。

山陽新幹線…震災が起こった直後に8箇所の橋脚が倒壊し(幸い地震発生が始発前で倒壊による列車への影響はなし)、新大阪駅と姫路駅の間が不通となっていたが、81日後の4月8日に不通区間を解消した。

>鉄道会社ごとの不通区間の解消状況

阪急電鉄…(地震発生から146日後の)6月12日
山陽電気鉄道…(152日後の)6月18日
神戸電鉄…(156日後の)6月22日、湊川駅 - 長田駅間が運転再開、同日神戸高速鉄道南北線新開地駅 - 湊川駅間も運転再開し、全線が復旧した。
阪神電気鉄道…(160日後の)6月26日
神戸高速鉄道(阪急・阪神・山陽の各社が相互乗り入れ)…(208日後の)8月13日

  • 質問者

    kaz********さん

    2018/6/2114:35:45

    回答ありがとうございました。
    一度ググってみたところ当日昼過ぎ運転再開はやっぱり私の記憶違いでした。
    その情報では震災当日(17日)”《19:20》 宝塚線の梅田~池田で運転再開。”となってました。札幌在住の方からの報告ですが”札幌市内の図書館から借りてきたDVD『阪神淡路大震災 阪急電車の全記録 ドキュメント1405日』(全90分、98年度作品)に基づいています。”ということですのでおそらくあっているのだと思います。昼過ぎ運転再開というのは完全に私の記憶違いでしたが、当日中に一部で再開されたという記憶は正しかったようです。当方60年以上池田在住(当時46歳)ですので梅田までの運転再開のインパクトがあったのだと思います。でも昼頃再開されたとの記憶はどこからきたものかはわかりません。

    http://sky.ap.teacup.com/kansai/52.html

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/6/22 17:54:29

記憶違いを指摘してもらったのでBAとします。他のお二方の方もありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hon********さん

2018/6/2020:07:49

滋賀県大津市在住です。

質問者様の書いていることでほぼ合っています。

阪急に限らず、他社も同じ状況です。

実際、長い方では、私鉄、JR限らず、14時過ぎても、退避できない状況でした。

乗客の退避後、線路の点検をするのですが、一番のボトルネックが高槻、茨木地区の停電だったと思います。

京都線だけの問題と思われますが(国もJR西日本に厳しめに言っていますが。つまり、どうしようもないところ以外の復旧だけも出来なかったのかと。)、空の車両を移動させるのは、物凄く慎重にしないと、余震もあるので、非情に危険です。
実際に、震度3、4の地震が復旧するまでありましたし、日付変わりますが、もう少し大きい余震が、0:30、5時頃、6時頃にもありました。

乗客閉じ込め、退避、空車両の移動+安全確認、実際に試運転しての確認、運転再開となります。

個人的には、各社で多少の差がありますが、21時から23時に運転再開したのは、よく頑張ったと思います。JR西日本にしても、JR奈良線とかは、当日復旧出来なかったのですが、並行する近鉄があるので、優先順位をこれでもかなりつけて復旧したので、国土交通省の指摘は厳しいものがあると思いました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

shu********さん

2018/6/2020:02:50

阪神淡路(3連休明けの早朝)の時に比べて運転列車数が多く、また安全チェックが厳密化したため、復旧が遅くなったと思われます。
主観も入りますが、JR西日本は先の新幹線事故での対応のまずさもあって、慎重策を取ったようにも見受けられます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる