ここから本文です

加計学園が会見をしまたが信憑性はゼロと認識した方が良いですか?会見の日時から...

tkg********さん

2018/6/2314:56:14

加計学園が会見をしまたが信憑性はゼロと認識した方が良いですか?会見の日時からして怪しいですか?やはり安倍と加計は面会をしたと思いますか?

閲覧数:
106
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ait********さん

2018/6/2510:57:42

信憑性はゼロで間違いありません。
教育者がこのざまでは世も末です。

  • 質問者

    tkg********さん

    2018/6/2516:28:30

    なんか安倍の援護の回答をみますが安倍なら許すのですね。安倍と加計はまさに類は友を呼ぶですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jir********さん

2018/6/2521:14:23

事実は一つだ。
加計孝太郎は確実に嘘をついている。
嘘で塗固めた詐欺学校、加計学園の全系列大学の完全廃校処分を望む。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kot********さん

2018/6/2515:48:39

>加計学園が会見をしまたが信憑性はゼロと認識した方が良いですか?
最初からそのような考えでは真実にたどり着くことは不可能。

>会見の日時からして怪しいですか?
なぜそのように思うのかわからない。

>やはり安倍と加計は面会をしたと思いますか?
物理的に不可能です。密会したという方もいるかもしれませんが、密会する意味がないです。

nya********さん

2018/6/2316:23:54

言いがかりに謝罪して事を収めようとすると、その謝罪にさらに文句が出て更に収拾がつかなくなる。
https://snjpn.net/archives/55833
慰安婦問題はいい例
今回も同様。
相手にしなくていいという事ですね。
質問者さんもそう思いますよね?
しかしこのおかげで省令で法令違反の文科省の罪はうやむやですね。
こちらこそ実害があったのに。
野党もメディアも生ぬるいですね。

tot********さん

2018/6/2316:01:23

会っていようが会っていまいがどっちでもいい
というのは文書を出した愛媛県もそう言ってるんです

そもそも「四国に獣医学部が欲しい」というのは加計学園が言い出したのではなくて、10年以上前に加計学園に協力を自治体が求めたんです

で、構造改革特区という制度で獣医学部を四国に作るというゴールを2007年から目指していた
構造改革特区がAルートだとします
Aルートは入り口で門前払いになってた
このAルートは門番してるのが文科省であり、
入り口を全く開けてくれないまま7年経ってたんです
今治、愛媛県が申請者で、門前払いされては再検討要請をだし、また門前払い
コレを延々と繰り返してた

そしたら安倍政権が出来て、アベノミクスの成長戦略として国家戦略特区が出来たんです
2014年1月から国家戦略特区が始まったわけですが
2014年8月に農業改革特区の新潟市の事業の中に獣医学部作りたいという提案があった
獣医学部は文科省が法的根拠もなく勝手に40年間門前払いにしているので
さっそくワーキンググループは改革をすべきだと考えて文科省、農水省と議論を始めたんです
2014年9月には重点改革項目に追加しました
つまり、Bルートの開拓が始まったんです

それに気づいたのが加計学園です
Bルートの方がゴールにたどり着けるかもしれないと考えたんだけど
今治、愛媛はAルートで「開けてくれ」「無理です」「そこを何とか検討してほしい」「無理です」
というのを長年繰り返してる状況に慣れきっていたわけです

そこで加計学園が今治愛媛を説得してBルートにチャレンジするように方針転換させるために嘘をついたんです
「コレが前に進めるための嘘だった」という意味です

この嘘のおかげで、総理案件なんだと思いこんだ今治市がチャレンジする事の意欲を取り戻した
で、2015年6月にプランを練り直し国家戦略特区、Bルートに申請したわけです
結果、2017年1月に告示改正になってゴールに今治、加計がたどり着いただけ。

獣医学部新設は大学の新設を伴うので、ルートを進んでいくのは自治体と事業者はペアなんです
新潟は相棒が見つかってないので「獣医学部が欲しいな」ってだけで終わってます
企画倒れ。
入れ替わりのように今治市が申請をしBルートを進み始めた
そしてゴール間際になって京都、京産大が具体的な構想を持ってきたBルートを進み始めたんです
だけど、ゴール間近だから順当に今治、加計がゴールに至った
というだけの話です

国家戦略特区での議論は、どこかを選ぶとかじゃなくて、誰でも、いつでもゴールを目指せるようにルートを開拓するのが目的なんです
だから加計学園を優遇したとかいうようなそういう事実が全くありませんよ

「平成30年4月開学の獣医師養成大学は一校に限る」という条件は一校も作らせたくない獣医師会の猛反発に合い、説得するために妥協したにすぎません
そしてこの条件は京都や後続の申請者には適用されないんです
京都、京産大ペアのゴールする見込み、予定がそもそも平成31年以降なんで、「一校に限る」ってのは関係がないんですよ

「平成30年に開学するのは一校だけ」という意味ですからね
だから加計に決まった後も京都、京産大は準備を続けていたし、排除されたと思っていないと記者会見で言ってます
だからプロセスに何の問題もないんです

問題のないことなのに、
申請前に嘘をついたとか、言った言わない、会った会わないとかどうでもいいことをグダグダやってるんです
水掛け論で結論が出ないし、面会してたところでなんなの?嘘だったからなんなの?ってレベルの話なんです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

run********さん

2018/6/2314:59:07

本人の証言である以上、これ以上の物証は存在しません。

その当時のスケジュールを、加計と安倍の双方が公表しており
本人が合う事は、理論上不可能であるのだから、
それに文句を言う事は不可能ですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる