ここから本文です

マゼラトップにコアブースターのような強化パーツを付けて航続距離の延長とペイロ...

the********さん

2018/6/2422:02:14

マゼラトップにコアブースターのような強化パーツを付けて航続距離の延長とペイロードの増加、機動性の向上をさせて、ジムなどをアウトレンジで空から叩くHs129みたいなことって考えなかったのでしょうか?

耐久力のあるデプロックにも効果ありそう。

閲覧数:
20
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ino********さん

2018/6/2615:06:56

設定的なものに準じて、真面目に回答致しますと、

ジオンに、そんな余裕は無かった

ということだと考えられます。
マゼラアタックって、「砲塔部分が飛行可能!」とか聞くと、
なんだかスゲェ兵器のように聞こえますが、
でも、なんだかんだで、

ザク等のモビルスーツの配備数不足を補うための、
「数合わせ」的ポジションの兵器」

という位置づけなのですね。
で、この「モビルスーツの配備不足」という点と関連する話なのですが、

ジオンは、連邦と比べ、国力比ではるかに劣っており、
(その差、1:30以上)
ゆえに、「数で勝る連邦」に対して、同じく、数で対抗することが
出来なかった

という事情があります。
連邦は、国力で勝っているから、それを活かして、
とにかく「大量生産」に腐心すればよい。
(性能的には多少アレでも、とにかく「数をそろえられればOK」という
戦略なわけです。)
ですが、国力ではるかに劣るジオンは、連邦の「数」に対して、
同じく「数」で対抗することが出来ませんから、
じゃあ、どうするかってえと、

「量より質」で対抗

という戦略を採るわけです。
余談になりますが、
ジオンが、ザク、グフ、ドム、ゲルググなど
「たくさんの種類のモビルスーツ」を開発したのも、
「モビルアーマー」なんてものを開発したのも、
果ては「ニュータイプの戦力化」なんてことを考えたのも、
ここに理由があります。
「数」で対抗できないから「質」を求めた結果がコレである・・・と
いうことなんですね。
で、前置きが長くなりましたけど(すみませんw)、
この戦略に則って、
「マゼラトップの性能向上」という追加装備について考えてみますと、
もうおわかりですね、

そんなトコにコストをつぎ込んでる余裕は無ェ!
(もっと高性能な兵器を用意して、それを以って、連邦の「数」に
対抗せねばならぬ。
資材も人員(パイロット)も限られてるんだから!)

という理屈に・・・なりませんか?
以上、あくまで一素人の私見に過ぎませんけど、とりあえずご参考?まで
(*^_^*)

質問した人からのコメント

2018/7/1 17:42:21

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる