ここから本文です

キリスト教の告解と地獄について 告解しないと天国に行けないんですよね?

アバター

ID非公開さん

2018/6/2620:41:02

キリスト教の告解と地獄について
告解しないと天国に行けないんですよね?

キリスト教徒じゃないと、基本地獄行きで、最後の審判あるまで地獄なんですよね。
キリスト教徒は告解しないと地獄行きなのは知ってますが、仏教の地獄と違って、最後の審判まで告解しない人は地獄なんですか?それとも地獄の責め苦を耐え抜けば、刑期を終えれば天国いけるんですか?
なんかいまいちよくわかりません。
仏教と似た感じで、地獄の責め苦で罪を償えば天国に行けるというのあるんですか??
洗礼してて、告解してる人限定で天国ですか?
ヨーロッパのキリスト教に準じての知識で、ご回答、よろしくお願いします

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
131
回答数:
10
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nep********さん

2018/6/2623:35:29

カトリックは、告解で悔い改めることで、罪を許されて天国に行けると考えます。

プロテスタント、とくにカルヴァン派の場合は、最初から「神様のノート」の中に天国行きか地獄行きかが書き込まれていて、人間の言動でそれを変えることはできないと考えます。これを「予定説」といいます。

ちなみに、洗礼を受けていないと、そもそもキリスト教徒にはなれないので、カトリックの場合は洗礼+告解、プロテスタント(カルヴァン派)の場合は洗礼がないと、天国には行けません。

最後の審判は歴史の終わりであり、そこから先は、永遠の天国か地獄が待っているだけです。いちど地獄に落とされたら、永遠に苦しむことになります。敗者復活はありません。

仏教のように、地獄で過ごす長い時間の後に悪いカルマが尽きて、再び人間界に生まれ変わるということはないのです。

アバター

質問した人からのコメント

2018/6/27 22:46:23

みなさま、ご回答ありがとうございます!

迷いましたが、なんかEU一般論なキリスト教観がある感じがしましたので、こちらの方をBAにさせていただきます。

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kok********さん

2018/6/2720:25:28

キリスト教会は「天国」について偉そうな事を言うだろうが
実は、キリスト教会の「天国」がトックの昔に奪われた
ままで、ありません。

それは聖書にも書かれてることですが、キリスト教会は
インチキをやって、それをひた隠して、まるで「天国」が
あるかのように言ってるだけです。

キリスト教の「天国」はこれからは「嘘天国」とか「空天国」
と呼びましょう。

bre********さん

2018/6/2713:02:45

地獄から救われ、天国に行ける方法は、以下に書いてあるとおりです。

「イエス・キリストによる救いの知らせ(福音)」
http://inochinomizu.hatenablog.com/entry/2017/07/01/113257



ちなみに、「プロテスタントの多くの教派では地獄自体否定しています。」と言っている人がいますが、大嘘です。

地獄を否定しているのは、「セブンスデー・アドベンチスト教会」や「ものみの塔」などの“異端”だけです。

hog********さん

2018/6/2706:02:55

何か他の方の回答見て不安になったので少し誤解を説く説明させて下さい。

プロテスタントの多くの教派では地獄自体否定しています。

なので必ずしも他の方が言われているのがキリスト教とは決めつけず、色々勉強なさって下さい。

a15********さん

2018/6/2700:11:35

「このように、わたしたちは、信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストにより、神に対して平和を得ている。わたしたちは、さらに彼により、いま立っているこの恵みに信仰によって導き入れられ、そして、神の栄光にあずかる希望をもって喜んでいる。(ローマ5:1−2)」


プロテスタントの救いの考え方は、人間のあらゆる努力は無力で、神様に救ってもらうしかない、というもの。

DUNKIRK - OFFICIAL MAIN TRAILER [HD]
https://youtu.be/T7O7BtBnsG4

映画ダンケルクでは、戦争に駆り出された若者の絶望的な状況を描いてますが、これはまさに、サタンの支配する世界に投げ出された我々と同じです。

ストーリーは、1940年、ドイツの電撃作戦によって、英国軍とフランス軍の合計40万人が、ダンケルクの海岸に追いつめられたところから始まります。

一方、英国海軍の輸送力は3万5千人。兵士たちは来るあてのない救援を待ち続けていました。ドイツの戦闘機や爆撃機によって制空権を抑えられた状態では、大きな輸送船は格好のUボートや爆撃機の的であり、なんとかして輸送船に乗り込もうという彼らの努力は裏目、裏目にでてしまいます。

救いは突如として戦争当事者でない人々から与えられます。詳しいことは映画を見てのお楽しみですが、私達も同じように救われるためには、この世に属していない方から救ってもらわなくてはいけません。

彼らにとって唯一の武器は「必ず助けてもらえる」と言う希望でした。私たちにとっても唯一の希望は信仰です。プロテスタントでは信仰について、5つの原則に立っています。この原則は冒頭に引用したローマの5章から導き出されています。

信仰のみ
恵みのみ
キリストのみ
聖書のみ
神の栄光のみ

「このように、わたしたちは、信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストにより、神に対して平和を...

ara********さん

2018/6/2623:27:21

エゴイズムに生きる人は地獄へ行きます。逆も逆です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる