ここから本文です

心療内科に行くべきかで悩んでいます。 30代女性、独身です。 ここ10年ほど、ず...

アバター

ID非公開さん

2018/7/202:40:20

心療内科に行くべきかで悩んでいます。
30代女性、独身です。
ここ10年ほど、ずっと毎日悲しくてつらくて、劣等感・孤独感や喪失感があります。

もちろん気分がいい日もあるのですが、そんな日もふとした瞬間に自分の将来や能力の低さ
そういうものを思い出して気持ちが落ち込んでしまいます。
とにかく劣等感がひどく、評価されても周囲を見て自分のレベルの低さに落ち込み、周りのキラキラした交友関係に胸が苦しくなり、とうとう1年前に長年の趣味をやめました。
自業自得なのに今も趣味をやめた喪失感でずっと落ち込んでいます。
心療内科にかかったほうがいいかと身内などに聞いても「あんたは根本的に図太いから大丈夫!」と言われます。実際職場でパワハラにあっても気にしないふりで耐えられました。
とにかく忙しくしてると悲しい思いや意味の分からない喪失感が一瞬なくなるのでパワハラがひどくても必死に働いてる方が気持ちは楽でした。
なのでやはり図太い部分はあるのだと思います。普通なら耐えられない職場だと言われていました。
こういう状況で心療内科にかかっていいものか?行ったことでもっと落ち込みやすくなってしまわないか?それが心配です。自分では欝だと思っているけどそこまでではないのか?
どなたかアドバイスをお願いいたします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
4,911
回答数:
10
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hoy********さん

2018/7/206:25:48

行かなくても大丈夫ですよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「心療内科 行くべきか」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yoy********さん

リクエストマッチ

2018/7/808:24:52

自信を付けるのに心療内科は向きませんよ。
カウンセリングです。
勤務先の産業カウンセラーに相談されては?

gao********さん

2018/7/422:30:13

できれば心療内科には行かない方が良いかと思われます。
それは、お薬を飲むハメになるかもしれないので。
いわゆるお薬とは、少なくとも今回の様な場合は、基本的には対症療法であって根本的な治療とは違います。

ですが、私はこの方面で食べている者ではないので、あくまで一つの参考までに諸々をご検討ください。

私からおすすめする点は、まず第一に食事のことです。
日々食される内容によって、精神面が予想以上に前向きになります。

おすすめする本は、「藤田紘一郎」さんの「腸」に関する本です。
図書館などで、いくつもお借りできると思います。

具体的に申し上げると、腸内細菌・腸内フローラなどをより良くし、同時に、食されるものを「精神的にタフになる食べ物」を摂ることを意識すること。

・腸内改善のために、日々多く食べるもの。
食物繊維・発酵食品(非加熱・熟成年の長いもの)など。
基本は旬の食材です。

・精神的にタフになる食べ物。
ビタミンB群(肉類に多く含まれます。ただし、少なくともアメリカ産牛肉とブラジル産鶏肉は食べないこと)。
他、亜鉛や鉄分やミネラルなども。

*すべて、できるだけ固形の食品から摂取することです。
(サプリをメインとしてはなりません)


あとは、職場などに問題がある場合は、そこら辺を見直されて場所を変えるなどされるのも良いかもしれません。

日々体を動かし、お日様に当たりながら汗をかくことも重要です。
また、体温が低い場合(35度台など)は、36度台になるよう改めることです。
冷えも精神面に関します。
(他、東洋的な見地から、漢方医などにご自身の諸問題を伝えて処方してもらうのも良いかもしれません)

正直、文面のみではハッキリとしたことを申し上げられないのですが、まず根本的な部分は以上の面です。

あとは趣味のことや、御自身のおっしゃる能力のこと、また何かしらの事情による喪失感も、お気持ちをマイナス気分にされているのだと思われます。
それら具体的なことは分かりかねてしまいますので何とも言えかねますが、もしできれば、あまり落ち込み過ぎないようにしてもらいたいなと思います。

そう言う私も、結構な落ち込み屋ですが(笑)。
多くの人は誰しもそういう面があるものだと思います。
皆、それを隠して生活しているのかもしれません。もちろん、隠さず生きることも何も悪いことではございません。

この場合のおすすめの本は、「ひろさちや」さんの本。
また、「こち亀」の両津先生のあのタフさをマンガを通して学ぶなど(笑)。このキャラは大したモンです。
他には、映画「男はつらいよ」をご覧になるなど(笑)。
寅さんの映画には、基本的に辛い思いをしている女性がヒロインとして登場します。
寅さんの言動を通して、人生の深みを学ぶこともできると思います。

辛さや孤独感などもまた、長い人生を通して誰しも経験するものです。
食事でそこら辺を軽減させ、あとは人生の試練として「深みのある人間」になるための通過儀礼としてお考えになるのも一つの手かもしれません。

単純な例ですが、肉体を強くする場合は重いものを持ったり、走ったりと辛い思いを味わわないと強くなりません。
それと似た様なものですが、精神的にやがて強くなるにも、何かしら辛い思いを経験するのもある意味では大切なことなのかもしれないです。
行き過ぎたものは、肉体も精神も一杯一杯になってしまうので、そこら辺は御自身で調整することです。

たまには趣味などを味わうなどして、他者に親切にするようにご自身を大切にしてもらいたいなとも思います。

der********さん

2018/7/301:55:39

私も長年孤独感や劣等感を感じて生きてきました。他人には実際の自分の気持ちなどわかるはずもありません。うつの人が全員無表情かといえはそうではありません。笑顔を見せている人もいます。でも本当は苦しいと思っている人もいます。

身内などに聞いても「あんたは根本的に図太いから大丈夫!」と言われます。とのことですし、実際職場でパワハラにあっても気にしないふりで耐えられました。とあります。この時点でもう心に多くのダメージを負っている気がします。
何を言いたいのかというと、趣味を辞めてしまうほどなので心療内科での受診をおすすめします。
私は病院に受診してから少し楽になりました。仕事の環境は変わらずとも、とりあえず処方された薬を飲むことで気持ちの持ち方を変えることができました。
文章が下手で申し訳ないのですが、はやくもっと病むよりもはやく病院に行くことをおすすめします。

oma********さん

リクエストマッチ

2018/7/223:17:50

残念ですが、精神科、心療内科は「お悩み相談室」ではないのです。
うつ病の症状ではありませんので。
カウンセラーを探してみてはどうですか。

ros********さん

2018/7/218:10:14

私も30代で初診しましたが早く受けておけば良かったと後悔しています。

内科と心療内科が一緒になってるところも多いのでそちらからまず試してみては?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる