ここから本文です

廃院の怪で

アバター

ID非公開さん

2018/7/321:05:16

廃院の怪で

さやうのものにはおどされじ
の さやうのもの とは
狐などが人を脅かすこと
ですか?

補足廃院の怪廃源氏物語夕顔の巻?のことです。

閲覧数:
93
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

lie********さん

2018/7/323:57:32

『源氏物語』夕顔
荒れたる所は、狐などやうのものの、人を脅やかさむとて、け恐ろしう思はするならむ。まろあれば、さやうのものには脅されじ。

……ですから、「さやうのもの」は「狐などやうのもの」を指しています。狐に代表される、人を脅したり化かしたりする悪い気のことですね。
「狐」には伏線があり、この廃院に来る前の二人の会話で、

「げに、いづれか狐なるらむな。ただはかられたまへかし」
……「互いに本名を隠している僕たちのうち、どっちがキツネだろうね。さあ、僕に化かされてごらん」と、彼女を廃院に誘っているのです。
当時は、なにか不都合な者について言葉に出すと、そのものを呼び寄せるという信仰がありました。現代でも「噂をすれば影」といいます。
来る前に「狐」を口にしたことで、ほんとうに狐があらわれたのかと源氏は思ったのです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる