ここから本文です

回答受付終了まであと2日 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

商標法38条の2はどういう意味ですか?

man********さん

2018/7/1115:00:03

商標法38条の2はどういう意味ですか?

閲覧数:
37
回答数:
2

違反報告

回答投稿

全角1文字以上で回答を入力してください。

※質問が「投票受付中」「解決済み」になると、回答を取り消すことはできません。
※一度に投稿できるURLは3つ以内です。(プレミアム会員・知恵袋アプリは除く)

エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度お試しください。

あと全角4000文字

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dai********さん

2018/7/1311:55:43

他の回答者の方の回答にあるリンク先は、38条2項について解説したものであって、38条の2の解説ではありません。

38条の2が想定しているのは、以下のような事案です。

Aが、自身の商標権を侵害されたとしてBを訴えて、勝訴したとします。
Bは、商標権侵害を理由として損害賠償を支払いました。
ところがその後、Aの商標権が無効であるという審決がなされて確定しました。

それを知ったBはどう思うでしょうか。
「もともと商標権が無効だったのなら、商標権侵害による損害賠償義務もなかったはずだ。裁判には負けたが、再審でひっくり返したい!」
と思うはずです。

しかし、38条の2は、そういう場合であっても、Bは再審で「商標権が無効になった」ということを主張できない、と定めています。
商標権の無効が確定する前になされた裁判については、後からひっくり返すことを認めず、事案の安定を図っているのです。

sor********さん

2018/7/1310:48:42

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる