ここから本文です

幕末の佐賀藩と長岡藩についての質問です。 両者は各大名が尊王佐幕の勢力争い...

gre********さん

2018/7/522:14:24

幕末の佐賀藩と長岡藩についての質問です。

両者は各大名が尊王佐幕の勢力争いの中、ひたすら軍備増強に邁進して次第に諸藩から注目されるようになったという点で共通しています。

その後佐賀藩は新政府に、長岡藩は旧幕府軍に着いたことで天と地ほどの差が生まれてしまいましたが、幕末において先見の明があったにも関わらず、なぜこれほどの違いが生まれてしまったのでしょうか?共通点のあるなしも含めて答えてもらえるとありがたいです。

閲覧数:
174
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bbs********さん

2018/7/600:28:57

佐賀藩は、だまっていても幕府はつぶれる、潰さなければならないと思っていました。
だから薩長のように京都で派手に暴れません。だまってせっせと軍備強化して、慶喜が大坂城から逃げ出したのを見てから、ようやく、これでヨカとノコノコ出てきて、上野の戦争でアームストロング砲派手にぶっ放して名を挙げています。

長岡藩の指導者は幕府を潰してはならない、と思って軍備増強しました。これは時代錯誤です。要するに「長岡藩には先見の明」がなかったのです。日本をどういう国、政府にすべきか、というビジョンがないために軍備増強なんかに走ってしまったのです。これが間違いのもとです。「佐賀藩と長岡藩は共通して」いません。

長岡藩がいくら頑張っても傾いた幕府を支えられるものではありません。第一支えてはならない、サッサト潰れてもらうのが日本のためなのです。

「長岡藩は旧幕府軍に着いたことで天と地ほどの差が生まれてしまった」わけではありません。
なまじっか西洋式軍備に金をかけて、スネルだかに誤魔化されて高い金出して、実戦に役立たないガトリング砲なんかに飛びついて、わが藩は強いのだと、いい気になっていたのが間違いです。その金で欧米に留学生でも派遣していたら、「薩長土肥長岡」となっただろうに、と思うとザンネンでなりません。

分かるようでわからないのが河合クンです。なまじっか頭がいいもんだから相手を馬鹿にしてしまうのです、そういう人って案外いますよね、彼のお陰で長岡藩民塗炭の苦しみ、皆恨んでいたそうです。

  • bbs********さん

    2018/7/811:53:50

    会津藩も官軍に攻められているとき農民一揆頻発、開城して殿様東京へ行くとき、農作業している農民、土下座どころか一瞥もくれなかったという。これを目撃した板垣退助はのちに自由民権運動に飛び込む原点だったと回想している。
    会津も長岡も、忠義だ武士の本分だとかっこいいこと言いながら、農民を守ろうとせず、絞りとるだけ、自分たちが食わせてもらっている農民のこと有難いとも思わない。農民にソッポ向かれている、これじゃあ負けるの当たり前。
    それに反し長州藩、四境戦争で大軍に囲まれながら見事大勝利明治維新のキッカケを創った。農民エタヒニンまで後方支援で大活躍。なんと長岡・会津と違うことか。
    星亮一、早乙女貢とか嘘八百で長州をとことん悪く言って、会津の忠義とか褒めたたえているが、何を隠そう、印税を稼ぐため下卑た根性ミエ見え呆れます。小説とはいえあれが史実と誤解されるでしょう、恐ろしいことです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/7/10 20:26:50

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2018/7/522:54:33

質問の中に答えがあります。
新政府・旧幕府にそれぞれがついた事です。
その事の持つ意味は限りなく大きいです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる