ここから本文です

ひどく自律神経を乱し、一ヶ月くらい寝たきりで死ぬかと思うくらい苦しんだ経験が...

yam********さん

2018/7/723:17:55

ひどく自律神経を乱し、一ヶ月くらい寝たきりで死ぬかと思うくらい苦しんだ経験があります。
また、何度か外出先で自律神経のバランスを乱したことによるひどい具合悪さに見舞われ気が狂った経

験があります


それからというもの、薬や整体に通い、かなり自律神経の調子は良くなったのですが、
トラウマで常に体調を気にして怯えています。
怯えるから具合が悪くなると周りの人は言います。

それですぐに親に頼ってしまったり、自分の体、特に精神に自信がなく行動ができません。

例えば以前だったら一人で電車に乗って通学して、具合が悪い日だって当然あり、そんな日はふつうにみなさんと同じようにあまり気にならず、よっぽどだったら帰ったり…といった感じであまり気にならなかったのですが、

今は具合が少しでも悪いと不安になります。親に不調を言わずにはいられなくなります。
胃が痛いとかだるいとかだけで出かけられません。
外出先で一人で昔みたいに具合が悪い時に対処できる気がせず、親と一緒に出かけたり、とにかく自立が全くできていません。

普通の元の感覚、生活に戻るには、また、自立するためのアドバイスがあれば教えていただきたいです。

自分なりに努力して、少しずつですが散歩に一人で行ったり、歯医者に一人で行ったりとできるところから頑張ってはいます。
考え方だったり、今を乗り越えるポジティブな意見をお待ちしています


分かりにくい文章ですみません。
最後まで読んでいただきありがとうございます

閲覧数:
1,310
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nw2********さん

2018/7/723:46:34

一度心療内科に行くといいですよ!
私も似た経験がありますが
自分では判断できないことも多々あるので
聞いてみたほうがいいですよ!

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「自律神経」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gie********さん

2018/7/1211:23:53

慢性疼痛だったものです。

ケガや後遺症からですが、乱れた経験があります。


自律神経のうち交感神経の過緊張から乱れることが多いといわれています。

交感神経の緊張が続くと筋が縮み硬くなり、部分部分で組織の酸欠が起き、刺激され痛んだり凝ったりもします。

また内臓の働きにも影響します。

上記から1つは、どういう方法でも筋をゆるめることです。

身体の辛さは呼吸を浅くし、メンタル面にも影響を及ぼします。

心身は脳・神経等を通じ影響し合う関係にあります。


自律神経の乱れは心身を過敏にします。
しかし
逆にいえば、無理のない心地よい刺激であれば、それはどこからでも神経を介し筋緊張を低下させる、リラックスさせるように働きます。

少しづつでも
心身が落ち着いてくれば、強い刺激にも、たえられる、受け流せられるようになっていきます。



ケアとしては古いものではシュルツの自律神経訓練法がありますが、今はもっと良いものもたくさんあります

たとえば下記の東大出の学者高岡氏の作った体操もよいでしょう。https://www.youtube.com/watch?v=GVYU3YyUVNc

軽くゆするなどすることで心身の緊張を抜いていきます。
病をお持ちの方から、プロアスリートに至るまで活用されています。

創始者の弟子には、現在明大教授の斉藤孝氏などもおりますが、斉藤氏自身も明かしていますが大学時代に心身が乱れた経験があります。

そのフォローをしたのが高岡氏になります。

斉藤氏自身は心身を緩めるメソッドとしては野口体操の上体ぶら下げなどを提供しています。
https://www.youtube.com/watch?v=4sNi03pscS8

nai********さん

2018/7/1020:54:29

私も12年自律神経の乱れによる症状を持ち続けています。
私も今はきちんと自分と向き合い、完治に向けて薬や鍼治療、サプリなどや体にいいトレーニングを行なっていますがでもやっぱり毎日症状がでたり、時には過呼吸になったり…頑張りすぎたかなと思う反面、良くなろうと頑張っているのにって悲しくなります。

それでも私の場合は、鍼治療とスパイラルテープのおかげで良くなってきたという感覚もあり、ある意味それだけで嬉しくなります。
普通の感覚…本当に羨ましいですよね。

私もあなたも、自分に合った治療方法で良くなってきてますよね?
まずそれだけでもプラスに考えましょうね。
自律神経の乱れって、本当に厄介者だから普通になるにも時間はかかります。
でも、必ず良くなろうという気持ちは忘れないで良くなりましょう!

辛い時には無理に出ることはありません。
一気に100を目指す必要もありません、5でも1でも小さくとも自分にとって大きな1を積み重ねていけばいいんではないかなって。

体がだるい時、しんどい時も森林浴しながら少しでも散歩いこうと思い行動すると、自然の中にいるのが気持ちよくて2時間とか散歩してたこともあります。
体力がないことにより、気分が滅入ることまでありますので少しずつ体力をつけていくことも大切かなと思います。

天気によって体調の波はあると思いますので無理はせずに。
少しずつよくしていきたい、前に進みたい気持ち伝わってます。
無理はしない、大きな変化、目標を一気に変える必要もありません。
時間はかかるけど、ゆっくりでいいんですよ。

are********さん

2018/7/723:43:47

年下からの意見でごめんなさい。
僕は現在中学校三年生です。
僕もあなたほどではありませんが、小学六年生の頃、自律神経を乱し、丸1ヶ月間、頭痛に悩まされ、学校に行くことができませんでした。
今回、あなたの投稿を見て、あなたの辛い気持ちにとても共感しました。
僕はまだ小学生だったこともあり、ある程度は治り、あまり引きずってはいませんが、今でも激しい頭痛が来ることが稀にあります。今回はほんの少しでも参考になればと思い、日頃の自分の対処方法をお伝えしたいと思います。

1、オンオフを上手に切り替える。
これは、よく家族や先生から言われていることなのですが、僕自身あまりできていません。
なんでも、気を張り詰め、交感神経の働いている状態でいると、そのうち体調が悪くなってしまいます。頑張りすぎない、手を抜けるところではしっかり抜く、ということを日頃意識しています。
オンへの切り替え方として、
顔を叩く、気合いを入れる、
強く息を吐くなど。
オフへの切り替え方として、
10分間だけ目をつむる(寝ちゃダメ!)、黙想する、深呼吸する、目をとろんとさせ遠くを見つめるなど。

2、いらんことで悩まない
例えば天気や誰かの性格など、自分の力では絶対に変えられないようなことは悩まないようにしています(これは得意!)。
悩みたくなっても悩まないようにするよう意識しています。

3、自分を精一杯褒める
盛り上げる
今日はいつもより頑張れたなっていう日は、寝る前に一度スマイルになってぐーっと伸びてみます。リラックスと自分は頑張れたなーっていう感じが気持ちいいですよ。頑張れなかった日でも、「明日頑張るぞ!」と少しだけスマイルを忘れず、盛り上げてみてください。あまり、気を張りすぎず。

本当に参考程度でけっこーです。子供が行なっていることなので、全然効果がないかもしれませんが、少しでも、何か効果があることを願っています。
辛くても、苦しくても、頑張っていってください!
僕も頑張ります!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる