ここから本文です

コンバインドサイクルの仕組みを発電機を例に説明しなさいという問題について教え...

アバター

ID非公開さん

2018/7/1118:11:21

コンバインドサイクルの仕組みを発電機を例に説明しなさいという問題について教えてください。

閲覧数:
20
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

非公開さん

2018/7/1504:03:00

コンバウンドサイクル発電についてです。

この発電方式は、発電機回転動力として

ガスタービンと蒸気タービンの双方から

エネルギーを得ています。

まず、ガスタービンは燃料(液化天然ガス

や重油をガス状に変化させたもの)を用い

燃焼ガスエネルギーでタービンを回転させ

ます。この燃焼ガスは、まだ熱エネルギー

を有していますので、残余の熱をエネルギ

ー源として蒸気発生器により水蒸気を発生

させ、これで蒸気タービンの動力を得ます。

このタービンは、ガスタービンの回転軸と

同じ軸上にあって、この2つの動力を利用

して同じ軸上にある発電機の回転子に動力

を供給します。

この方式には、燃焼ガスの経路として、

燃焼ボイラ⇒ガスタービン⇒蒸気加熱ボイラ

⇒煙突or 節炭器(燃料余熱器)⇒燃焼ボイラ⇒

ガスタービン⇒蒸気加熱ボイラ⇒煙突の

二種類があり、後者の方がエネルギー効率

に優れています。

利点は、熱エネルギーの効率的利用です。

一つの燃焼エネルギーから二つの回転エネ

ルギーを得る事で、熱効率を従来の20%程度

から50~60%にまで高められ、燃料消費が

抑制できることです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる