ここから本文です

地震は、地盤が沈下すると起こるんですか??

アバター

ID非公開さん

2018/7/1120:45:21

地震は、地盤が沈下すると起こるんですか??

地震の予測サイトでよく、地盤の沈下が進んでいるので警戒するように書いてあるのですが、沈下が原因なんですか??

閲覧数:
117
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/7/1121:14:47

地震発生の直前に起きる現象は地盤の沈下だけに限りません。
そもそもの発生要因は周囲の特定方向から受ける力が大きくなりすぎたり、地球が持つ引力と遠心力のバランスが取れた位置から外れてしまうのが原因となっています。

添付に示すのは熊本地震1回目の震度計記録を分析した結果です。
P波が現れる前の加速度や変位量は極めて小さく、そのままグラフにすると0近傍となり見えなくなりますから、動いている方向の角度に計算しなおしてからグラフ化してあります。

この事例ではP波が現れる前に南北方向は偏った変動は見られないものの、西側へ移動する動きを見せていた地盤が東へと方向を変え、さらに上下角を見ると地盤が上昇を続け始めたところで地盤が持つ耐性の限界を超え、そこからP波が発生しています。

つまり地盤の沈降だけでなく、上昇する過程でも発生しますし、この事例には含まれませんが横ずれの動きでも発生することはあり得るのです。

あくまで地盤に加わる力が地盤の持つ耐力を超えて、その限界を超えたときに発生するだけです。

なお、それまで長期に安定状態を保っていた地盤が動き、極めて僅かでも地盤の上昇、あるいは沈降で終わると、その移動を回復するように引力と遠心力が働くため、さらに大規模な地震が続いたり、大きな余震が長引く原因となるようです。

この熊本地震1回目のケースではそのことを示しており、地震の終わりで地盤が浮き上がるような状態で終わっていますから、2回目の地震を起こしたり長引く余震へと発展したと考えられます。

【 2016年4月14日 熊本地震 - 益城町宮園 】

地震発生の直前に起きる現象は地盤の沈下だけに限りません。...

  • 2018/7/1121:53:03

    基礎数学を理解できない人が、また妨害に訪れたようですね。
    角度を利用するのは単純な理論です。
    震度計の記録には、東西、南北、上下の3方向に対する加速度が記録されています。
    これらを2回積分すると変位量となりますが3つの数値のままです。
    そこで2つをピタゴラスの定理に従って合成し、残りの1つとの成す角を求めるだけです。
    この方法なら、極めて微細な変位量でも1方向への偏りが大きければ90度に近い数値となり、地盤がどちらの方向へ傾いているのかを容易に見出すことができます。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

nvw********さん

2018/7/1208:52:45

【地震は、地盤が沈下すると起こるんですか??地震の予測サイトでよく、地盤の沈下が進んでいるので警戒するように書いてあるのですが、沈下が原因なんですか?? 】(ID非公開さん)


・「地震の予測サイト」って解りませんが、
(どこの場所の地盤沈下なのか、進み具合の値をどう見るのかわかりませんので・・警戒と言われても・・)

毎月公表の
「平成30年7月10日 地震調査研究推進本部 地震調査委員会
2018年6月の地震活動の評価」<https://www.static.jishin.go.jp/resource/monthly/2018/2018_06.pdf>
では、
(国土地理院「房総半島での非定常的な地殻変動(暫定)」、NIED「 房総半島沖のスロースリップイベント(2018年6月)」も出ていますが)

「御前崎 電子基準点の上下変動 水準測量と GNSS 連続観測 (掛川に対して, 御前崎が沈降する長期的な傾向が続いている.)」

「紀伊半島及び室戸岬周辺 電子基準点の上下変動 (潮岬周辺及び室戸岬周辺の長期的な沈降傾向が続いている)」

が毎月出ています。3箇所とも「長期的な沈降傾向が続いている」と。

いつかは突然隆起(地震発生)するからでしょう。突然隆起する前に何らかの現象があるのではとの想定と沈降速度のデータ収集のためと思われます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2018/7/1121:18:58

地盤の上昇・沈下が、という予測は無視しましょう。デタラメです。

公開されている測地測量のデータは、ちゃんと使えば地震前後の地殻変動の検出などに使うことができます。しかし、ノイズが含まれているので、それを知って使わないとダメです。測量の誤差などまで地盤の上昇・沈下だと思い込んでいる方も居ます。

無料で手に入るデータだから使っているのですが、誤差など正常の範囲の変動なのに、何か意味があると思い込んで、地震の予測に使っているのです。データの使い方を分かっていないので、結果としてデタラメにしかなりません。

地盤の変化は国では国土地理院が監視しています。ここ以外の情報は全部無視していいかもしれません。
http://www.gsi.go.jp/kanshi/press_release.html

地震波形を解析したら、地盤の傾きが分かる、P波の前から揺れていたという図も知恵袋では見ますが、あれもデータの使い方を知らないと、デタラメな結果になるという例ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sle********さん

2018/7/1120:55:52

関係ありませんよ。

現在のところ地震予知は出来ないんです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる