ここから本文です

看護学生です。 地域包括ケアシステムと地域包括ケアセンターの違いを簡単に教え...

mi_********さん

2018/7/1123:31:35

看護学生です。
地域包括ケアシステムと地域包括ケアセンターの違いを簡単に教えてください。

閲覧数:
23
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

van********さん

2018/7/1211:55:30

ざっくりとした違い。

地域包括ケアシステムとは、文字通り、地域包括ケアの仕組みを指す。
地域包括ケアセンターとは、システムの窓口となる部署。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hap********さん

2018/7/1206:51:27

国の方針が高齢者の入院を抑制して在宅へということになって
いますので、受け皿となる地域力を付ける必要があります。

独居や地域内での近所付き合い等も希薄な状況にある中で、
地域のことは地域で守るという方針のもとに、医療機関、
各種介護保険サービス、ボランティアや民生委員、その他の
インフォーマルサービスなどが協力し合って、地域内で高齢者
や子供、障害者を支えて行こう、そのために連携したシステム
を作ろうという発想が地域包括ケアシステムです。

ただ、地域によって存在するサービス事業者やボランティア
等は量も内容も異なります。その為、地域独自で進めていく
必要がありますが、そのための旗振り役になるのが地域包括
ケアセンター(地域包括支援センター)です。

中学校区をベースにした小さな日常生活圏域という範囲に
1つの地域包括支援センターがありますので、そこを中心と
しながら先述したような連携関係を構築していこうという
ことになります。

***システムは構想・方針となるもので、それを担うための
基軸となるべき組織の一つが***センターということです。

pan********さん

2018/7/1206:00:19

地域包括ケアシステムとは、地域包括支援センターを含む地域高齢者福祉を言います。

地域包括ケアシステムの構成は、概ね次のようになります。
行政、地域包括支援センター、介護サービス事業所、医療機関、社会福祉協議会、ボランティア組織、地域住民組織。

概ね、ひとつの中学校区にあるこういう組織がひとまとまりになり、地域の高齢者福祉を考えていこうというのが、地域包括ケアシステムの考え方です。

地域包括支援センターとは、地域に住む高齢者が抱える問題を支援する役所から業務を委託された組織でその問題に適した地域包括ケアシステムの中の一つの機関、あるいは複数の機関につなぐ役割を持っています。

いわゆる地域包括ケアシステムの中心的役割といっていいかもしれません。

例えば、高齢者が経済的に困っていたら、生活保護や社協の貸付の案内なども行います。
もちろん介護認定へのつなぎも行いますし、今はあまり機能していませんが、医療機関との連携などもします。

さて、ご質問の違いですが地域包括支援センターは、直接的なサービスの提供は行わず、地域高齢者の抱える問題に適したサービスは、地域包括支援センターを除く地域包括システムを構成する組織が受け持ち、地域包括支援センターを含めたそれぞれが連携していくというのが地域包括システムの考え方になります。

違いというより、地域包括支援センターだけでは、地域包括ケアシステムは機能しないというのがざっくりとした回答になります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる