ここから本文です

赤ちゃんにとって一番良い姿勢になる抱っこ紐はどんなタイプですか?

アバター

ID非公開さん

2018/7/2002:00:03

赤ちゃんにとって一番良い姿勢になる抱っこ紐はどんなタイプですか?

閲覧数:
48
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2018/7/2003:24:32

【北極しろくま堂】のブログから抜粋転載します。

・Kissable(キスできる高さ)

素手でふつうに抱っこした時に赤ちゃんをぶら下げる人はいません。普通は「抱き上げる」と表現されるように、自分のおへそよりも上に抱こうとします。人の重心はおへそにあるので、重い物は下がれば下がるほど重く感じます。
抱っこした時も赤ちゃんはおへそより上に。これを言い換えると、《おでこや頭頂部にキスができる位置》になります。

・Visible(お顔が見える)

顔を背けながら抱き合う人はいません。抱き合う行為というのは相手を慈しんだり、愛情を伝えたり、励ましたりする行為です。だからなるべく顔を近づけます。
例え赤ちゃんでも抱っこした時には同じようにお顔が見える方がより良いです。小さいうちから前向き抱っこができる商品もありますが、赤ちゃんにとって刺激が強くなりすぎないように使用時期を考えて使うとよいでしょう。

・カエル脚

欧米ではここにtwo fingreという言葉が入りますが、日本の場合はbaby wearing tools(赤ちゃんを抱っこする道具 ≠ 運ぶ道具ではない)で横抱きにできるのは生後4カ月以降としているので、ここは日本人オリジナルをあえて提示します。
股関節脱臼を起こしやすい民族は日本人とあと少数の民族です。そのため日本の子はM字開脚していることがとても重要になります。M字開脚とはカエルさんのようなお尻がさがって膝が曲がった脚のかたちです。
M字開脚(M-position)になるように注意しましょう。

参考記事:抱っこひもを使った時の赤ちゃんの脚の開き方
https://www.babywearing.jp/blog/2015/05/15/304

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる