ここから本文です

親からアパートを古いアパート(築33年)を譲り受け、火災保険JAの建物共済むてき...

nak********さん

2018/7/1306:51:14

親からアパートを古いアパート(築33年)を譲り受け、火災保険JAの建物共済むてきに入っています。

アパートは母の持ち物ですが、保険の契約は私になっています。

生前父はアパートの修繕をしなかった為に、アパートもかなり老朽化しています。
JAの共済金を借りて退去した部屋の修繕、屋根などを補修することはできるのでしょうか?

夫の両親がの介護もあり、仕事を休みがちになり税金や年払いのむてきの保険も今回は払えなくなりました。

むてきの掛け金の中からお金を借りて生活費も借りることはできるのでしょうか?
金額によってアパートの修繕も決めたいと思っています。

JAむてきで年払い24万ほど払っています。
契約は平成16年になります。

どれくらい借りることができるでしょうか?

お金を借りるにあたり、土地担保となるのでしょうか?


JAに直接聞けばいいのでしょうが、少し理解してからと思いましたので、お分かりになる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

閲覧数:
58
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

2018/7/1307:53:44

JA建物更生共済むてきは掛け捨てではない積立型の火災保険なので、解約返戻金相当額を原資としてお金を借りることができます。
(約款貸付といいます)
金利は2%くらいで、差し出す担保は共済の証書です。
返済不能になった場合は共済が強制解約され、その返戻金が借金返済にあてられます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる