ここから本文です

後遺障害認定の申請中なのですが、既に半年以上が経過しております。 弁護士を通...

アバター

ID非公開さん

2018/7/2022:52:50

後遺障害認定の申請中なのですが、既に半年以上が経過しております。
弁護士を通し、事前認定で申請をしておりますが、任意保険会社の対応に疑問を感じております。

私は今年1月上旬に後遺障害診断書を提出し、約一ヵ月後に結果が出るとお聞きしました。
しかし、3月に入っても連絡が来ず担当弁護士に確認をお願いしたところ、
「加害者が書類の提出を拒んでおり、申請が出来ておりません」と任意保険会社の説明があったそうです。
催促するとの約束を頂きましたが、一ヵ月経過しても連絡が来ず、担当弁護士と相談し提出期限を設け、過ぎれば告訴すると任意保険会社に説明したところ、加害者はすぐ提出したそうです。
この段階で4月。5月には結果が出ると思っておりましたが、5月中旬になっても連絡が来なかったので、担当弁護士を通し確認をお願いしました。
すると今度は、「病院からのMRI画像の取り寄せをしており、まだ届いておりません」と、任意保険会社の説明があり、流石に遅くないか?との抗議をした当日に「今届きました」と任意保険会社の説明。
これでやっと申請をするのだろうと思い、待つこと一ヵ月。連絡なし。

6月中旬、任意保険会社に担当弁護士が確認を行ったところ、
「事故当時、車の運転をしていた方の情報がなく今確認しているところです」と、任意保険会社の説明。(因みに私は同乗者であり、過失割合はこちらは0です)
すぐに私から運転していた方の情報を口頭で伝えましたが、また一ヵ月が過ぎ、既に7月中旬。
まだ連絡は来ておりません。

任意保険会社が行う事前認定で申請致しましたが、申請書類を揃えるのに半年もかかるとは思えません。
・加害者が書類提出するまでの期間2ヵ月、
・病院からのMRI画像の取り寄せまでの期間5ヵ月半、
・事故当時の運転者の情報を調べてる期間6ヵ月半、

仮に早々に申請書類を出していて、自賠責損害調査事務所から追加で書類の提出を求められていたとすると、任意保険会社の申請方法にかなり問題があるのではと思います。
任意保険会社の申請は最低限の事しかしないと聞いたことがあるのですが、これでは後遺障害の認定なんて認められないのではと思います。
詳しい友人からは、弁護士入れているのであれば、被害者請求すればよかったのではと言われました。

7月20日現在、何の進展もございません。

「申請は行っているので、もうしばらくお待ちください」と、何度も言われて結果を待っております。

実際に、こんなに期間がかかるものなのでしょうか?
申請書類を作成するのに半年、結果が出るまで一ヵ月、結果が出るまで合計約8ヵ月もかかるのが普通なのでしょうか?
私としては任意保険会社が「てきとうに仕事をしている」としか思えません。

私の思いはともかく、実際どうなのかが知りたいと思っております。

こういった事案に詳しい方からのご意見をお聞きしたいと考えております。
どうぞ宜しくお願い致します。

補足質問を投稿してから早々にご回答頂いた方々ありがとうございます。事故当時、相手加害者(会社社長)が警察を呼ぶのを拒み、会社のほうで全て負担するとの話があり、私も運転者も同意してしまいました。しかし後日対応が一変し、任意保険会社を通すことになったのですが、後日の現場検証を行うことも相手加害者の都合で行うこともありませんでした。私も通院当初に院長の好意によりお知り合いの弁護士をご紹介頂いておりましたので、任意保険会社にもその旨を伝えてありました。ですので、後から弁護士を介入させたのではなく、万が一のことを考えた上で事故当初より弁護士を介入させておりますので、任意保険会社も承知している上で手続きをしていると思っております。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
618
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oas********さん

2018/7/2115:56:13

弁護士が単に交通事故に関してド素人のように思えます。

被害者請求をしない弁護士は交通事故において訴訟を執り行えない弁護士であることがほとんどです。一回でも訴訟を執り行ったことのある先生は保険会社を基本的には信用していません。性善説で動く弁護士など交通事故に限らず介入する価値はないと思います。重要な責務で介入しているということを理解してない。そうとらえてもいいと思います。

病院から紹介してもらっても安心してはなりません。病院と保険会社がもうかるように示談する弁護士もいるからです。その場合不利益を被るのはもちろん被害者です。

試しに現在の弁護士に貴殿が勝ち取った交通事故被害者に有利な判例(判決)を教えてください。と尋ねてみてください。答えられなければかなり危険な状況と思ったほうがいいと思います。

交通事故専門でなくても優秀な弁護士は一回や二階交通事故で裁判はしているものです。交通事故は裁判なんてしないのがほとんどなんて説明する弁護士は避けるべきです。

弁護士ともめるのが嫌だから・・・そういう空気がもし質問者様にあるのであれば弁護士との信頼関係はすでに良好ではないのではと思います。

今後その弁護士が出来損ないであるかを判断する基準としては自賠責が仮に後遺障害を否定した場合、非該当でしたのでしょうがない、とそれ以上の交渉や裁判所への申し立てを被害者にあきらめさせるように説得しようとする。この動きがあればその弁護士は交通事故には一切精通していないと見たほうがいいでしょう。

はっきり言って事前認定は保険会社に書類申請を任せるので弁護士はほとんど何もしません。この時点で被害者のために奮闘する弁護士ではないという流れになっています。

交通事故判例集などを購入し今からでも交通事故被害者側にしっかりと動いてくれるような弁護士へ相談され、うまいこと総費用で工面してくれるように交渉し動いたほうがいいような気がします。

下手をすれば慰謝料も裁判基準など勝ち取れない可能性が十分にあり得ます。

  • oas********さん

    2018/7/2116:07:52

    弁護士費用は事務所によりますが交渉で終わっても判決で勝ち取って終わっても基本的にほとんど変わりはありません。

    では強欲で怠惰な弁護士はその場合どのような対処をするか?交渉でうまくまとまらない場合被害者を説得させようとします。

    裁判の実務がないため後遺症を認めさせるにもどのように主張していっていいかわからないのです。時間も調査もしなければならない、その割に費用は交渉で済んでも大して変わらない。となると怠惰な弁護士は被害者に不利な判例を並べ立て戦おうともしません。

    いわゆる敗訴確定示談と言うやつです。

    もちろん訴訟を嫌う依頼人もいます。しかし納得いかない依頼人もいるでしょう。その場合選択権を出すことができない弁護士が交通事故訴訟を執り行ったことすらない自称交通事故弁護士です。

    専門の弁護士は当方が知りうる限り100%被害者請求を執り行います。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/23 07:25:23

ご回答頂いた皆さんには大変感謝しております。
ありがとうございました。

今回ベストアンサーにはこちらの回答者様に決めさせて頂きました。
nan********様のご回答、ご説明は解り易く参考になりました。
私の気持ちとして、こちらの回答者様にもベストアンサーをつけさせて頂きます。

弁護士側からのご意見、アドバイスとして受け止め、現状や今後の対策を考えていきたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

car********さん

2018/7/2122:56:15

こんばんは、自分は専門家ではないのですが、知人が事故に遭い何かいい情報がないかと思い、こちらを拝見させて戴いています。

自分は車関係の仕事をしており、事故にあったクルマをよく見ており、修理をすることもあります。

質問者さんが保険会社に対して不満を持たれている気持ちは良く分かります。
自分の場合はクルマですが、愛情をもってクルマに接しております。

自分も自分の腕が商売道具であり、もし事故にあって自分の腕が失ったと考えると将来に不安を感じると思います。

しかし質問者さんは現在そういった状態にあるんでしょう。
まずは自分が出来ることを一つずつクリアーして、新しいことにチャレンジしてみましょうよ。

質問者さんが言っていたように、人としての対応は一番重要だと思いますよ。
自分は人との信頼関係で仕事をもらってますし、たまにミスをして相手に迷惑をかけてしまうこともありますが、まずはミスを認めて精いっぱい謝りますよ。

しかしどうだろうか、ここで一部の回答者の発言は被害者の気持ちを棚に上げ、違反者呼ばわりし、自分の知識だけ正当化して、結果なんのアドバイスも出来てないじゃないですか。自分の知識を自慢したいだけなんじゃないでしょうか?

自分は警察は苦手ですが、時間が経っているにも関わらず、違反より事故の処理を全面的に協力するといってますよね。それは人としての対応だと思います。だから違反だの隠蔽だの共犯者だの、そんなのはここでは関係ない話ですよ。

保険会社や弁護士も、人としての対応が欠けているから質問者さんは不信、疑問に感じているのかと思います。
素人なんですからプロに任せるのは当然、任されたプロは依頼者にしっかり説明をする義務があると思います。それが出来ないようじゃプロではないと自分は考えます。

自分の回答は回答ではなく、また質問者さんを援護するわけではありません。
看板を掲げて商売をするのであれば、しっかりプロ意識を持って対応する。
またここで回答する人達も、自分の意見に責任を持って回答する。

それが人としての対応だと自分は思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nan********さん

2018/7/2118:05:09

>後遺障害認定の申請中なのですが、既に半年以上が経過しております。

高次脳機能障害や、非該当か14級認定かの瀬戸際となる医学的等で特別難易度が高い事案、あるいは(あなたは同乗者で無過失というなら関係ないですが)過失減額をするか否かの判断が難しい案件なら、その期間を要するのは無いでもありませんが、普通にしてはやや長いですね? しかし、まだ損害保険料率算出機構自賠責調査事務所に一件書類が到達していないようでもありますので、本案の調査・審査の前の問題のようでしょうね?

あなたは、ご自分で交通事故の素人だとおっしゃられてますが、普通はそうでしょうね? あまり、事故に遭う前に賠償問題を考えたり予備知識を得てから事故に遭う人はいませんから。被害者なので素人なのは当然です。
大切なのは、知識と経験を補う知見のある人を見つけることです。なかなか、交通事故について丁度良い知識能力が整った専門家は見当たりません。

あなたは、次にような人を交通事故のプロだとのイメージでしょうか?
・弁護士
・裁判官
・検察官
・警察官
・保険会社担当者
・保険代理店
・医師等
・自賠責調査事務所担当者

実は、上記のどれも交通事故全ての面で、肩書だけでプロとは限らないのが現実でしょうね。もちろん、上記の方々でも個人の素養としてプロの能力を有する人はいるでしょうが、ごく一握りというのが現実だと思います。
交通事故が発生すれば、社会的に常識と言える範囲で生じる問題は、損害賠償などの民事問題、加害者を罪に問う刑事問題、あるいは付随的に行政問題があります。行政問題は以外に思われるかも知れませんが、運転免許の停止等の行政処分は普通の人なら知っていますので別にして、例えば、治療で健康保険や労災保険等の社会保険を使用する際の第三者行為による傷病届なども行政問題だろうし、その他、刑事民事でも行政庁が関係することが、専門知識のある人には多数あることです。上記に掲げた専門家の中でも知らない人は多数います。個別に知識があっても、刑事・民事にどのように関連するかを知らないと言ったイメージです。

あなたは、事故直後から弁護士が関与したと書かれていますが、それがプロに委任したので最善の方策だと思われているかも知れません。
しかし、先に述べたとおり、個々の素養による例外はあるにせよ、普通に交通事故を扱う弁護士だけでは不十分なのが実情です。だから、あなたが選任された弁護士の先生が仕事が不十分というわけでもありませんが、後遺障害等級認定に、事前認定に任せたのは保険会社を信用し過ぎのように思います。
なぜなら、事前認定は、自賠責保険の加害者請求(15条請求)の流れであり、皆様が言われている被害者請求(16条請求)は、理論的に別です。加害者側保険会社としては、被害者に被害者請求をしてほしくないのが本音でしょうね?
加害者(保険会社も)と被害者は、事故発生と同時に利益相反しますから、あなた(被害者)の利益となる損害額の確定に、反対当事者の加害者側保険会社が関与する方が都合が良いに決まっています。
だから、被害者としては楽ちんだから事前認定(反対当事者のいうがまま)に任せがちですが、医師法や医師のモラルはどうかと思うのですが、事前認定に加害者側保険会社の立場の医師が(被害者にとって不利となる)意見書を書かせて添付することは多くあります。そして、一旦、自賠責の判断が出たら、それを不満とする被害者(弁護士も含め)が異議申立てをしても、最初に、事前認定で出た結果を簡単には覆せなくなりがちです。だから、最初から被害者請求で始める方が有利だと思えます。この方が被害者による自賠責への接触ができることもあり、有利な主張を結果前に準備することもできますから。
これなら、あなたのご質問のようなケースにはめったになりません。仮に、必要があって長期間の時間が掛かる場合でも、あなたの方で理由を知ることができますし、場合によっては調査事務所に早くしろと追い詰めることもあったりします。盆休みの後に先送りしそうな場合でも、被害者請求なら被害者側から直接に何をぐずぐずしてんだと急かせたりすることもあったりします。

専門的なことを書けばキリがないですが、あなたがカテマスさんの回答に熱くなって返信されているなかに、あなたがカテマスさんの回答が冷たいとかそっけないと感じられたような雰囲気もありますが、この件が紛争性が高まり、仮に訴訟などになったり、相手保険会社が手のひらを反したりした場合には、どちらかと言えば、あなたが、やや感情的な返信をされた、カテマスさんの冷たい感覚が現実だと感じられますでしょうね? 裁判所や保険会社は被害者の味方ではありませんから。

今から可能性のあることは、もしも事前認定がまだ自賠責に全部が提出されていないなら、一括払いを解除してくれ!被害者請求をするから資料を寄越せと言ってみればいけるかもしれないという感じですかね?弁護士にしてもらえばいいでしょう。

なお、手遅れですが、自賠法の立証責任の逆転はありますが、損害賠償請求は原則どおり請求者にあります。時には、支払うと言ったことまでホゴにして払わないと言うのは保険会社にとっては日常茶飯事です。カテマスさんのご意見にあるのは、そういう意味だと思います。
相手が支払い済みの治療費まで、相手が否定することも珍しくはありません。治療費を払ったわけでなく、損害賠償の内払だと主張して、これでもう未払いはありませんと涼しい顔で言うのも保険会社ですから。
警察の方がご親族におられるとのことですが、刑事以外の知識のない方が圧倒的に多いのも実情であり、もしもその近親者の警察の方が協力されるなら、今からでも人身事故として捜査をして人身扱いの事故証明をとれるようにするくらいでしょう。
後遺障害があるのに、なぜ人身事故の証明書が無いのだ?となります。もちろん、入手不能理由書などの利用もあるでしょうが、そもそも、後遺障害が認定されるくらいなら、それ以前の治療があるはずであり、無い方がおかしいということには違いはありません。あくまでも民事ですから、そういうことになります。それも立証ですから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sib********さん

2018/7/2113:00:29

本来後遺障害の認定を申請するにおいて
交通事故証明書(人身事故の)は
必ず提出の必要な書類の内の一つ
https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/jibai/kind.html

事故の届がしてあっても人身事故で無ければ(物件事故だと)
普通は後遺障害は認められない

ましてや事故証明書自体無しでの後遺障害認定など
極めて困難な特殊な事例

相手側保険会社も端から
”後遺障害なんて認められないだろう”
という考えで動いているのでしょう

後遺障害を認定するのは損害保険料率算出機構の調査事務所

交通事故証明書なしての申請であれば
調査事務所への特別な働きかけが必要かと思いますが
その辺りの弁護士の見解はどうなのでしょうか

少なくとも手続きを保険会社に任せる事前認定で
人身事故の交通事故証明書が無ければ
認められる可能性は無いように思いますが

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bs1********さん

2018/7/2107:16:30

保険会社からすれば、弁護士を介入してきて事前認定かよ、ふざけるなでしょうね。

本来事前認定は保険会社が被害者の負担をなくすために行うわけで、その相手が弁護士を委任した時点で対峙する関係、協力するのは嫌なんです。

そりゃ適当にもなりますよ。


>>詳しい友人からは、弁護士入れているのであれば、被害者請求すればよかったのではと言われました

その通りですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqr********さん

リクエストマッチ

2018/7/2107:01:41

記載にあるとうり信用できないなら被害者請求すれば良かっただけの事です。

元々被害者請求が本来のあり方相手の保険がしてくれるのはあくまで大変でしょうという事あくまで好意でしてる事で相手の保険がそれをしなければいけない義務ではありません。(もちろん相手の保険の思惑もあるでしょうが)


確かにそんなに申請書類を用意するのにそんなに時間がかかる事もそうないとは思いますが質問者様はあくまで相手にしてくださいとお願いしてる立場ではありますから相手が時間がかかるからといってそれに対して何かいう権利はありません。相手が遅いというならご自身ですればいいだけの話ですから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる