ここから本文です

ラルプ・デュエズ(L'Alpe-d'Huez)は所によってはアルプデュエズとも表記されてい...

alk********さん

2018/7/2117:55:43

ラルプ・デュエズ(L'Alpe-d'Huez)は所によってはアルプデュエズとも表記されています。
どちらが正式なのでしょうか?

閲覧数:
80
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ymk********さん

2018/7/2118:32:17

まあ、おフランスの事ですし、日本人にはよくわからないと想いますが、サブリエールや、ユーレーも、日本ではアサブリエールとか、ヒューレーとは言いませんよね。
昔、問屋さんに聞いた話なので、正確かどうかは分かりませんが、おフランスでは、大文字の頭文字L`は音声にしないらしいです。
でも、昔ユッチンソンと読んだものが、ハッチンソンと呼ばれだり日本人には理解しがたいことかもです。
タイムもアルプデュエズと言ってますし、私はアルプテュエズの方が好きです。
昔はやった、ラルクアンシェールも、ロード乗りの世界では、アルカンシェールですし、日本語にしたじ点で、本家からかけ離れちゃってる気もします。
そんな事考えてたら、ユーレーも、ヒューレーになっちゃうのかとか、ちょっと混乱してきました。
他にもありますよね、カンパのケンタウルが、チェンタウルとか。

質問した人からのコメント

2018/7/22 00:07:04

成る程
読み方が時によって違うものが結構あるものですね。
例を挙げてもらい有難うございました。

他の回答者の方も有難うございました。
いずれも興味の惹かれる回答ばかりでベストアンサーを選ぶのに悩んでしまいました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yyy********さん

2018/7/2123:20:26

Lは英語でいうところのTheにあたる。
前は付けてたけど、地名にtheとか付けるの止めようよってことで、Alpe d'Huezになった。
でも、すぐに変えらんないよねって人もいる。
だからどっちでも可。
外国語は日本語にはない発音とかあるから、完全にはカタカナ化できないものもある。
だから、よほどかけ離れてなければ良しとする傾向にある。
実際、発音としてはラルプデュエが近く、ズはほとんど聞こえない。
ジロ・デ・イタリアなんかもジロディタリアと言った方が近い。
製品なら、代理店の表記に合わせておけば良いだろうね。

黄金的翼さん

2018/7/2121:47:30

カタカナ日本語にしてるからいろいろなのと
フランス語なのに英語読みにしてたりなどで変わってくることは
他にも良くあること

cya********さん

2018/7/2120:52:03

フランス語に限らず外国語をカタカナに変えること自体に無理があるわけで、そのへんはまあそんなもんなんだろ程度で思考を止めないと禿げますよw

pon********さん

2018/7/2119:11:05

https://cyclist.sanspo.com/412694
こういう事らしいですけどよくわかりません。

シャカリキ!を読んでたならラルプと呼びたいところですね。

bik********さん

2018/7/2118:13:16

方言もあるでしょうし、正確な発音は発音記号で表示するしかないですよ。

ただし、ラルプ・デュエズと表記することのほうが多いみたいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる