ここから本文です

クロマチックやってて、6弦から1弦にたどりついたとき、ネックから、各指の付け...

ano********さん

2018/7/2307:47:57

クロマチックやってて、6弦から1弦にたどりついたとき、ネックから、各指の付け根辺りの距離は、出来るだけ離れないのが正しいですか?
その場合、6弦からはじめて1弦までいくまで、手

首から、手の甲にかけて、ネックからの距離が、ずっと一定のままということになります。わたしの場合は、6弦を押さえてるときは、各指の付け根は、ネックの下側(1弦側)に、触れるか触れないかぐらい、かなりネックに近いので………。

それとも、1弦側に向かいながら、手首から手の甲にかけても、指に合わせて、『全体的に』1弦側下がっていくのが普通なんですかね?

ある教則本には、指の付け根は、どの弦を押さえるときも、出来るだけ、ネックから離れないように………と、書いてありました。

補足実際、わたしの手元を確認してみると、6弦を押さえてるときも、指の付け根は、ネックの下側(1弦側)に、ほんのわずか触れてました(特に人差し指の付け根)。

閲覧数:
51
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bob********さん

2018/7/2309:39:04

>各指の付け根辺りの距離は、出来るだけ離れない


それは物理的に無理があるでしょう。



>『全体的に』1弦側下がっていくのが普通


いえ、人差し指の根元を中心に手の平が回転
してボディ側に向くのが合理的だと考えます。
最も「自然に」弦移動できるはず。

もちろん人差し指もそれなりに位置はかわり
ますが。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zen********さん

2018/7/2310:12:56

全体的に下がるというより手のひらがネックを回り込むって感じかなぁ、人差し指を6弦から1弦へサッと移動する時と動きは同じというか

emb********さん

2018/7/2308:35:44

合理的なネックの持ち方してたらそんな疑問感じないものだよ。

les********さん

2018/7/2308:19:41

ギター倒れてますよ。
もっと立てて下さい。
手元を見ようとし過ぎてます。

asa********さん

2018/7/2308:16:46

「出来るだけ離れないのが正しいですか?」
については正しくないと思います。

「出来るだけ離れない」ままだと指が指板に対して
立てられずメロディやコードを弾きにくいからです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる