ここから本文です

簿記三級の勉強中で、質問があります。

アバター

ID非公開さん

2018/7/2417:58:18

簿記三級の勉強中で、質問があります。

貸倒引当金は、売掛金や受取手形が回収できない場合に備えて準備する。と分かりましたが、どこから見積もるのでしょか?
相手側が、もしもの為に、少し多く払っておくというのならわかるのですが、何故自社が見積もるのかがわかりません。
教えて下さい。

閲覧数:
57
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vwv********さん

2018/7/2514:06:47

貸倒引当金が何であるかは理解されているようです。

>どこから見積もるのでしょか?
これは基準日(月末日とか決算日)現在の売掛金と受取手形の残高合計額に対して5%前後を利益の中から損失として積立するもので、仕訳は、
貸倒引当金積立(損失):○○○/貸倒引当金(負債):○○○
となります。

>・・・・何故自社が見積もるのかがわかりません。
貸倒引当金というのは「自社のリスク管理」のためであり、売掛先とか手形の支払人などには関係ありませんから、相手側から取るなんてことはトンデモナイことです。

零細企業とか個人商店では、この貸倒引当金を積立していないというケースもあります。

200万円の売掛金が回収不能となったと考えてください。

①貸倒引当金の残高が180万円あったとします
(借)貸倒引当金(負債):1,800,000/(貸)売掛金(資産):2,000,000
(借)売掛金償却(損失)--:200,000
で仕訳します、20万円の損失で済みます。

②貸倒引当金を積立していないとします。
(借)売掛金償却(損失):2.000,000/(貸)売掛金(資産):2,000,000
で仕訳します、200万円の全額が損失になり、当期の利益に影響することになります。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hap********さん

2018/7/2420:02:11

売掛金などはツケ払いということですが、もしこのツケの分を
回収できなければ、何等かの方法でこの分を補填しないと
売上に影響してしまいますよね。名目上売上金額は計上されて
いても、実際に現金が回収できないことになるので。

ですので、万一の時に備えて、支払うためではなく、回収でき
ない場合の補填用に備えておくという発想が貸倒引当金です。

決算の時点でのまだ回収できていない売掛金や受取手形(手形
も現金化されてはじめてお金になるのであって、手形のままで
回収できないとただの紙ですからね)の額の何%という形で
貸倒引当金を見積もります。
何%とするかは問題では指示があります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nil********さん

2018/7/2419:19:11

見積もるのは、過去の同様の債権の貸し倒れ実績等からです。
将来、相手方が倒産するなどして債権を回収できなくなったら、その分、自社で損失が出ますよね。それを、債権発生時点で前もって見積もって、費用計上しておくということです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる