ここから本文です

HDCP6で1ラウンド平均のパット数は29前後です。 スライスラインのパットが苦手で...

tel********さん

2018/7/2921:56:30

HDCP6で1ラウンド平均のパット数は29前後です。
スライスラインのパットが苦手です。

カップの右に弱い球筋で外れるのを嫌がり、1.3~2mのスライスラインがカップの左ボール0.5~1個を抜けて行きます。
ドローヒッターはスライスラインのイメージが湧かない典型です。
同じ悩みを克服された方、コツなどあれば教えてください。

閲覧数:
188
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mst********さん

2018/7/3110:29:17

書いてある文章内容では、ラインの得意不得意の問題ではないよね、「読み違い」が原因ですよ。フッカーは普通パターラインはスライス側に行くよね。
カップ狙いをしてフッカーえあれば外しは左側になるからです、グリーンは花道からでは左側はスライスラインが多いよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mon********さん

2018/7/3106:35:40

左右の目とボールの位置関係・・。

入れゴロ外しゴロだと、顕著に出るね・・。

ryo********さん

2018/7/3020:05:13

そのハンデキャップならスライスラインに付かないようにセカンドから組み立てた方が早い気がします。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mar********さん

2018/7/3017:10:40

何が原因かは見ないと分かりませんが、私はとにかく全てにおいて向きにこだわります。

方向が取れる練習機器もあるし、動画を後ろから撮ってもらう方法でもいいんですが、どういう風にアドレスを取ってるのかを見た方がいいですね。

推測するなら少しクローズになってるかもしれない。わからないけどね。

何かヒントになるかわからないですが、私は推進力が欲しい時は少しトップ目に打ちます。パターってボールよりも基本薄いパターが多い。多くのゴルファーが少しボールの芯の下を打ってる。カラーから打つときが多いんですが、私はそういうときにタッチを変えないんです。打つ場所だけ変える。いつもよりも5ミリか下手したら1センチほど上を打ちます。そうすると跳ねないし、推進力を生みます。

あなたの場合、擦ってるから擦らないように反応して引っかけてる。元凶は擦りです。擦ってスライス回転が強くなってるからラインに乗らない。ややトップ気味に打つことで横の回転が減るかもしれないですね。先っぽとかヒール気味じゃなくてどこまでヘッドを浮かせた状態で打つかということです。

下、芯、上、空振りするくらい上で打ってみると違いが出ますからそうやって遊んでヒントを得ましょう。芯って意外と上ですよ。

con********さん

2018/7/3016:42:58

誰でも特に下りのスライスラインは強く打てないので
嫌なものでしょう、プロだって同じですよ。

フックもスライスもラインの読みと強さで変わりますから
何度も苦手なラインを練習するしかありません。

shi********さん

2018/7/3015:20:31

格好つけてプロラインで打つからや。

プロラインで打つなら、そこまで曲りを読まずに打つしかない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる