ここから本文です

聖書に書いてあるからなんなの? だから真実ですと言われても信じれませんが?

kit********さん

2018/7/3123:04:19

聖書に書いてあるからなんなの?
だから真実ですと言われても信じれませんが?

閲覧数:
141
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

for********さん

2018/8/118:07:48

聖書に書かれていることが、

否定された事実はないのです。 考古学、歴史学、化学、

あらゆる学問を結集しても、書かれている資料が正確で

間違いがありません。 間違っていると証明できた人は

まだいません。

であれば、その他の言葉も価値があり、権威があるという

理論でしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bib********さん

2018/8/119:31:01

いや、別に信じる必要ないでしょう。僕も信じませんよ。

時々いいことも書かれてますけどね。人間や世界の真実のようなものが、そこに書かれていることもある。でもそれは、シェイクスピアでも百田尚樹でも同じでしょう。

bre********さん

2018/8/118:31:03

それは、自分の罪を認めたくない犯罪者が「法律に書いてあるからなんなの?だから真実ですと言われても信じれませんが? 」と言って、言い訳するのと同じです。

聖書は十分に信用できる内容ですが、多くの罪びとはそれを認めたくないのです。神様とその戒めを無視して、罪を楽しみながら生きていたいから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

afo********さん

2018/8/117:47:57

あっちで「コーランにこう書いてある。コーランは正しい」と、
こっちで「聖書にこう書いてある。聖書は正しい」と言ってて、
そのどちらか一方を「こっちが正しい!あっちはウソだ!」と
本気で信じられる人がいるってことが信じられません。

pri********さん

2018/8/117:33:06

私の場合私に敵対する者が、次の聖書の言葉にある様に、滅ぶのをこれまで見て来ました。同時に私は、苦難から何度も救い出されて来ました。

詩編37編1-25節
悪事を謀る者のことでいら立つな。
不正を行う者をうらやむな。
彼らは草のように瞬く間に枯れる。
青草のようにすぐにしおれる。
主に信頼し、善を行え。
この地に住み着き、信仰を糧とせよ。
主に自らをゆだねよ
主はあなたの心の願いをかなえてくださる。
あなたの道を主にまかせよ。
信頼せよ、主は計らい
あなたの正しさを光のように
あなたのための裁きを
真昼の光のように輝かせてくださる。

沈黙して主に向かい、主を待ち焦がれよ。
繁栄の道を行く者や
悪だくみをする者のことでいら立つな。
怒りを解き、憤りを捨てよ。
自分も悪事を謀ろうと、いら立ってはならない。
悪事を謀る者は断たれ
主に望みをおく人は、地を継ぐ。
しばらくすれば、主に逆らう者は消え去る。
彼のいた所を調べてみよ、彼は消え去っている。
貧しい人は地を継ぎ
豊かな平和に自らをゆだねるであろう。
主に従う人に向かって
主に逆らう者はたくらみ、牙をむくが
主は彼を笑われる。
彼に定めの日が来るのを見ておられるから。
主に逆らう者は剣を抜き、弓を引き絞り
貧しい人、乏しい人を倒そうとし
まっすぐに歩む人を屠ろうとするが
その剣はかえって自分の胸を貫き
弓は折れるであろう。
主に従う人が持っている物は僅かでも
主に逆らう者、権力ある者の富にまさる。
主は御自分に逆らう者の腕を折り
従う人を支えてくださる。
無垢な人の生涯を
主は知っていてくださる。
彼らはとこしえに嗣業を持つであろう。
災いがふりかかっても、うろたえることなく
飢饉が起こっても飽き足りていられる。
しかし、主に逆らい敵対する者は必ず滅びる
献げ物の小羊が焼き尽くされて煙となるように。
主に逆らう者は、借りたものも返さない。
主に従う人は憐れんで施す。
神の祝福を受けた人は地を継ぐ。
神の呪いを受けた者は断たれる。

主は人の一歩一歩を定め
御旨にかなう道を備えてくださる。
人は倒れても、打ち捨てられるのではない。
主がその手をとらえていてくださる。
若いときにも老いた今も、わたしは見ていない
主に従う人が捨てられ
子孫がパンを乞うのを。

ルカによる福音書18章1-8節
イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。 「ある町に、神を畏れず人を人とも思わない裁判官がいた。 ところが、その町に一人のやもめがいて、裁判官のところに来ては、『相手を裁いて、わたしを守ってください』と言っていた。 裁判官は、しばらくの間は取り合おうとしなかった。しかし、その後に考えた。『自分は神など畏れないし、人を人とも思わない。しかし、あのやもめは、うるさくてかなわないから、彼女のために裁判をしてやろう。さもないと、ひっきりなしにやって来て、わたしをさんざんな目に遭わすにちがいない。』」 それから、主は言われた。「この不正な裁判官の言いぐさを聞きなさい。 まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。 言っておくが、神は速やかに裁いてくださる。しかし、人の子が来るとき、果たして地上に信仰を見いだすだろうか。」


聖書 新共同訳 旧約聖書続編つき 日本聖書協会 1994



Thomas Evangelista

sai********さん

2018/8/109:29:39

普通の日本人はそうです。

正常な反応です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる