ここから本文です

ただいま民事裁判中ですが、裁判所からの和解案を拒否した所、突然表情と口調が変...

gua_chandesubaiさん

2008/9/2417:42:18

ただいま民事裁判中ですが、裁判所からの和解案を拒否した所、突然表情と口調が変わり裁判官からこちらの敗訴であると言われました。

さらに「命にかけても判決は変わらない」「進退にかけても判決は変わらない」何度も言われ、和解案を受け入れるよう強要もしくわ脅迫とも取れる口調で言われました。
裁判官は明らかに感情的になっており、声高に繰り返していました。

裁判所からの和解案の書類には「判決の場合に同じ結論に至るとは限らないし、今後の主張立証を封じる趣旨でもない。」
今後証拠調べもせず、調査官からの聞き取り調査と双方への尋問で結審するとの事。
結審前に和解案を作成した時点で判決を決めており、今後の主張、審議の場を奪われました。

和解案を提示した段階で言っている事と反対の事をしている裁判をそのまま受け入れるしかないのでしょうか?

被告との癒着があるのではと疑ってしまいます。

閲覧数:
32,509
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

itadakikさん

2008/9/2417:55:35

単純にめんどくさいからでしょう。
裁判官って、実は公平公正ではないとはよく言われることです。

日本の裁判官が少なすぎることも問題なんです。
アホ程事件を抱えている裁判官は、出来るだけ和解で終わらせたいのです。

なぜなら、判決となると、判決文を書かなければならないからです。そんなこと、このくそ忙しいのにやってられるか!
和解なら、判決程正確な認定は必要ないし。ということでしょう。

従って、民事訴訟の原告となる場合には、しっかりした戦略・裁判官の性格に応じた戦術・そして、優秀な代理人弁護士・多くの傍聴人を揃えることが不可欠と言われます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ronjunyutomoさん

2008/9/3014:34:27

裁判官は事件処理能力が速いか遅いかである程度評価されます。
和解調書は書記官が書き裁判官は署名するだけ。
速くて楽です。
ほとんどの事件で和解を成立させ、判決を書かない裁判官もいます。
和解を成立させれば控訴される心配もありません。
あまり控訴が多いとマイナス評価になるでしょうし・・・
仕事熱心でない裁判官にとって和解ほどありがたいものはないのでしょう。

納得できないのなら、控訴してもっと熱心な裁判官に裁判してもらった方がいいと思いますよ。

2008/9/2615:35:12

この質問内容ですと、本人訴訟でしょうか?被告さんも本人訴訟でしょうか?
裁判官が公平だというのは建前です。裁判官も人間ですから。本人訴訟で、相手に弁護士さんが付いていると、どうしても弁護士さんが付いている方が有利のようです。裁判官さん、弁護士さん、検察官さんらは法曹界という分野でお友達ですから。(同じ司法試験という試験に合格して、司法修習生として研修を通じて知り合っており、その後各方面に分かれられた訳ですから)
和解案に納得できなければ、和解する必要はないと思います。もし、今、第一審でしたら控訴して裁判官三名で審理してもらえる機会が残っています。控訴が面倒だから和解するというのも一つの選択肢であり、結局原告さんの決心によります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。