ここから本文です

競馬(中央・地方)や競輪やオートレースで、ボートレース(競艇)みたいに実務員(審判...

hei********さん

2018/8/723:44:04

競馬(中央・地方)や競輪やオートレースで、ボートレース(競艇)みたいに実務員(審判、検査員)と競技実施団体の新入職員が、騎手や選手を目指す人と同じ期間、同じ場所で生活行動し、

ほぼ同じ訓練を受けなくてはいけない業界はありますか?

モーターボート競走会(日モ連)は、組織が一元化され本部一括採用になってから、職員に採用された人は、どこの部署でどういう仕事をするかに関わらず、最初の1年間はボートレーサー養成所に入所して審判や検査員の国家資格を取り、養成所の教官になる訓練を受けなくてはいけません。レーサーの養成訓練生とほぼ同じ内容です。

日モ連の採用率は毎年100%です。応募者数が定員になんとか届くか届かないかで、応募する10人かそこらの人は全員採用されます。しかし、就職(入所)までに内定辞退しちゃったり、卒業までに退職しちゃう人が多くて、1年後に現場に配置されるのは数人程度です。だから、定年や離職、年間の開催日の増加で空いた場所に補充が出来ず、レース場の競技運営の現場は深刻な人員不足です。

高額所得者の騎手や選手を目指す人と、月20万程度の収入しかない実務員や職員。難関を潜り抜けてきた能力のある選手養成員と、極めて高い採用率で能力や体力がない実務員や職員。それが同じ期間に渡って同じ場所でほぼ同じ訓練をして、同じ生活行動で外部との連絡が取れない、プライバシーやプライベートがない状況に置かれることは不釣り合いだし、危険だと思います。

競馬や競輪やオートレースの業界で、そういうことをやってる組織があるんでしょうか?

閲覧数:
58
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rin********さん

2018/8/807:45:09

そういうことをやってる組織は

ありませんよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる