ここから本文です

東海道新幹線で「名古屋から先」と「名古屋より先」の違いを教えて下さい

ban********さん

2018/8/1123:42:44

東海道新幹線で「名古屋から先」と「名古屋より先」の違いを教えて下さい

閲覧数:
195
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tan********さん

2018/8/1206:04:40

東京発で

名古屋から先は名古屋を含む
名古屋より先は名古屋を含まない

  • tan********さん

    2018/8/1206:16:21

    その表現をするのは名古屋から各駅停車のひかりだろうが

    名古屋から先各駅に止まりますとしても
    (名古屋を含めて各駅停車)
    名古屋より先各駅に止まりますとしても
    (名古屋に停車した後は各駅停車)
    意味は同じだからね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tob********さん

2018/8/1212:53:02

結論だけを簡単に書くと、大きな違いはありませんが、「ヨリ」のほうが少しだけ丁寧な印象があるようです。そのせいか「ヨリ」は少し堅苦しい印象があるので、自分では「ヨリ」は使わないようにしています。
慣用句の使用例などを見ると「ヨリ」のほうが優勢のようです。こちらのほうが昔から使われているのでは。正統派とも言えますが、古臭い(←オイ!)とも言えそうです。

「カラ」は「起点」を示すのが主な用法です。
「ヨリ」の主な用法は2つあります。
1)起点を示す
2)比較を示す

「起点」を表わす場合、「カラ」と「ヨリ」は同じように使えます。文章読本の類い(新聞なども)は、まぎらわしい場合があるので、〈「起点のヨリ」は使うな〉としています。
現実にはまぎらわしい例はあまりありませんが、「ヨリ」のほうが自然なこともあります。
手紙の末に「母から」と書いたらヘンでしょう。
引用を示す場合も、「○○より」とする人が多いようです。

不動産広告は「駅ヨリ○分」のほうが優勢な気がします。これも「少しだけ丁寧な印象がある」からでしょう。
「心{ヨリ/カラ}御礼申し上げます」あたりも「ヨリ」が優勢でしょうね。


詳しくは下記をご参照ください。
【【板外編6】「起点のヨリ」と「比較のヨリ」】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-685.html
以下は一部の抜粋(重言)。
===========引用開始
【練習問題37】
次の故事に使われているヨリの働きを考えてください。
1)花ヨリ団子
2)栴檀(せんだん)は二葉ヨリ芳し
3)青は藍ヨリ出でて藍ヨリ青し

1)のヨリは、「AヨリBのほうが〇〇だ」のように、いくつかのものを比べるときに使います(このような用法を「比較のヨリ」と呼ぶことにします)。1)のヨリを「起点のヨリ」と誤解する人はいないでしょう。
2)のヨリは「起点のヨリ」です。これは「比較のヨリ」ともとれるかもしれません。「比較のヨリ」と考えてしまうと、「栴檀(という植物)と二葉(という植物)を比べると、栴檀のほうが芳しい」ぐらいの意味になり、何をいいたいのかわからなくなってしまいます。
3)は2種類のヨリが使い分けられている例です。少しまぎらわしいかもしれません。1つ目のヨリが「起点のヨリ」で、2つ目のヨリが「比較のヨリ」であることがわからないと、やはり意味がわからなくなってしまいます。
このように、「起点のヨリ」が誤解される可能性があることはたしかです。しかしそのことを理由にして、「起点のヨリ」を使ってはいけない、とするのは無理があります。
ここであげたのは特殊な例で、ふつうの文章中に出てくるヨリが「起点のヨリ」か「比較のヨリ」かまぎらわしい例は、ほとんどないからです。「カラよりもヨリのほうが語感がいい」と思うなら、「起点のヨリ」を使っても問題はありません。基本的には「起点のヨリ」を使い、どうしてもまぎらわしいときに限ってカラを使う、という方針でもよいでしょう。
誤解のないようにお断りしますが、「起点のヨリ」を使うべきだ、とすすめているのではありません。「起点のヨリ」が原因で意味がわかりにくくなることはほとんどない、といいたいだけです。
本書では、原則的に「起点のヨリ」を使っていません。「比較のヨリ」とまぎらわしいからではなく、「起点のヨリ」が文語調に感じられるからです。
===========引用終了

asu********さん

2018/8/1209:28:26

格助詞「から」は始発点を表し、「より」は比較の基準を表します。

「名古屋から先」は「名古屋」を始発点としてとらえ、「名古屋より先」は「名古屋」を基準点としてとらえた表現です。

言語は話者の認識の表現であり、格助詞は話者による対象の関係認識の表現で、この認識の相違が格助詞の相違となっています。■

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる