ここから本文です

心霊写真がフィルムカメラで多数撮影されましたが、デジカメになっても心霊写真と...

tot********さん

2018/8/1309:32:16

心霊写真がフィルムカメラで多数撮影されましたが、デジカメになっても心霊写真とか目に見えない物が映っている現象は無くなりません。

全く原理が違うフィルムカメラにもデジカメにも起こる心霊写真とはどんな原理なのでしょうか。どちらにも映るのに、人間の目には見えない。変です。

閲覧数:
182
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

2018/8/1407:13:24

厳密に言えば、フィルムカメラに多いものと、デジカメのそれぞれの世代ごとに起こるもの、それとデジタルビデオカメラで撮れる、いわゆる心霊写真というのは各々特徴が異なり、写っているものが同じものでもありません。

また、人の目には見えませんとは言うものの、撮影時に見逃した可能性もある。

多くは誤認とカメラ特有の現象の場合もあります。

かといって全く無いとも言い切れない。


実際に暗視カメラのように赤外線や、紫外線は専用のカメラ技術より撮影できますが、肉眼で見ることはできません。また、放射線や電磁波でも間接的になら映ります。

また視覚というのは変換された光学情報を間接的に取り入れ、切り取られた情報を再構成して見えたものとして決像している。そのため錯視や錯覚というものが起こる。


肉眼で見えているものが世の中のすべてではないし、カメラが正確無比にすべてが正しいものを撮れるというものでもありません。

特にスマホ世代のデジカメは補正やエフェクトが通常写真にも加えられるため、誤認写真が量産される現状でもあります。
↓これは合成ではなく通常写真。

厳密に言えば、フィルムカメラに多いものと、デジカメのそれぞれの世代ごとに起こるもの、それとデジタルビデオカメラで撮...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「心霊写真」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

roa********さん

2018/8/1516:58:00

幽霊がいるかいないかは判りませんが、そういったものは基本的に人間の目には見えない物です。だから見えない物が写真に写ると不思議ということで心霊写真と名付けられたのでしょう。
カメラは人の目には見えない赤外線とかまれには紫外線とかも感知するのでときどき変な物が写るのです。特にCMOSやCCDの撮像素子は赤外線をよく感知します。しかし赤外線を感知してもらっては本来の映像に悪影響を与えるのでデジカメには赤外線フィルターが入っていて除去しています。しかし除去性能の弱いフイルターだとか故意に外せば案外写るかもしれません。

san********さん

2018/8/1410:44:36

原理は分かりませんが現在心霊写真といわれるものには科学の目が入って次々に嘘が暴かれている状況だそうです。

pur********さん

2018/8/1407:38:40

心霊写真なんかないですよ。

pok********さん

2018/8/1309:33:22

心霊写真と思い込んでるだけです。世界中でも本物はありませんよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる