ここから本文です

日本語学者に質問☆仏の顔も三度までという諺についてです。 ①仏の顔も三度までは...

fyd********さん

2018/8/1509:07:48

日本語学者に質問☆仏の顔も三度までという諺についてです。
①仏の顔も三度までは、どんな温厚な人でも何度も無礼な振る舞いをされれば怒りだすことを意味しますが、なぜ三度なのでしょうか?

温厚な人を怒らせる回数は人それぞれで二度目かもしれないし四度目かもしれません。
②調べてみると以下のことがわかりました。
慈悲深い仏様でも、三度も顔を撫でまわされれば腹を立てるということです。もともとは「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」というのが正式な形で、「仏の顔も三度」が略された形になります。つまり「仏の顔も三度まで」というのは正しくはないのです。なぜ最後に「まで」がつけられるようになったのでしょう?

この質問は、hea********さんに回答をリクエストしています。

(ほかの方からの回答を制限するものではありません)

閲覧数:
39
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

zhh********さん

2018/9/3014:52:01

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる