ここから本文です

高熱を解熱剤で下げるのはよくない、ですよね。

アバター

ID非公開さん

2018/8/1515:36:02

高熱を解熱剤で下げるのはよくない、ですよね。

では保冷剤で脇の下などリンパを冷やしてあげるのは、解熱剤で熱を下げるのとどう違うのですか?

閲覧数:
131
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zeh********さん

2018/8/1523:08:15

そもそも解熱薬は熱を下げるために用いるわけではありませんよ。本来の目的に加えて、ついでに多少熱が下ることもあるだけです。

本来の目的は、発熱で体が辛いときに用いることで辛さを軽減することです。そうすることで多少なりとも飲んだり食べたり眠ったりできるようになり、体力の無駄使いをせずに済みます。

従って、39℃あろうが40℃あろうが、本人が辛くないのであれば解熱薬を用いる必要はありません。辛そうにしているのであれば、積極的に使うべきと考えます。

解熱薬と熱性けいれんは無関係です。解熱薬によって熱性けいれんを予防できませんし、逆に解熱薬の効果が切れる時に熱性けいれんを誘発することもありません。これは大規模な臨床試験でほぼ実証されています。

首、腋、太腿の付け根、を冷却するのはクーリングで、これは大きな血管が走っている部分を冷却することで体温を少しでも下げる行為です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ham********さん

2018/8/1516:01:25

子供の平熱にもよりますが、38.5度くらいになってきたら解熱剤を飲むほうが良いと思います。急激に熱が上がってくると熱性痙攣とかも心配ですし・・・

保冷剤で冷やしてあげるのは良いと思いますよ。

違いは、発熱はウィルスが完全になくならないと治らないわけですが、解熱剤は強制的に、かつ一時的に熱を下げている状態で、ウィルスを退治しているわけではありません。

保冷剤等冷やすのは、気持ちがいいから、という感覚的なものです。

ちなみに、体の中でウィルスを退治しているときに出てくるのが熱の正体です。主に白血球がウィルスを退治していますが、37度台が白血球が活発になる温度といわれています。

いずれにしても、かかりつけの先生によく相談してから解熱剤は投与してくださいね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる