ここから本文です

パワハラ推奨弁護士のもとで働きたくないです。 私は甘いのでしょうか。 閲...

shi********さん

2018/8/1519:04:17

パワハラ推奨弁護士のもとで働きたくないです。

私は甘いのでしょうか。

閲覧頂きありがとうございます。ほとんど愚痴です。
現在、予備試験に挑戦しながら中堅の法律事務所で働いてます



先日、顧問先の会社から、うつ病の上司と二人の部署で働かせていた部下の子が、労基に駆け込んだとの相談を受けました。
あっせん申し立てをしたようです。

会社としては様々な事情から上司の保護を最優先にしたいそうです。
会社の要望に応えるためとの理由もあるでしょうが、弁護士の対応方針は以下の通りでした。

あっせん申し立てをした以上、会社は辞めるでしょうから、すぐに経済的に追い込まれる。
あっせんは期限ギリギリで拒否しておけば追い詰められる。
どうせ訴訟するような経済的余裕も度胸もないから泣き寝入りするでしょう。
会社に居座るなら、適当に配置転換しておけばよい。会社には人事権がある。

その子がいないと仕事が回らないとの相談には、適当に対応を決める時間が欲しいとでも言って時間を稼いで代わりを探したらよい、との回答。

打ち合わせの最中に吐きそうになりました。

先生のお子さんが同じ目にあっても同じこと言いますか?と質問したら無視されるようになって、不満のある案件なら外れて良い、とのメールが届きました。
外れたいです、と回答してほっとしていましたが、お盆休み中なのに昨日の夜、プライベートのメールに、訴訟を起こされたので、担当するよう指示がきました。

弁護士を目指すなら、私の考えかたは甘いそうです。
上司が気に入らないと駄々をこねる部下に配慮してたら会社は継続出来ない。
会社への不満分子が簡単に会社に物言いを出来ないように、変な事例を作るのは会社のリスクになる、とのことです。

部下の子が出してきたあっせん申し立て書の中にはプライベートの時間にLINEで病気の相談をされたり、会社を休んでいるのに遊びに行っている姿をSNSにアップしたり、仕事のミスの後始末や、急ぎの仕事の押しつけや、勤務時間中の罵倒などの苦痛を訴える内容があり、話半分に聞いたとしても辛いだろうな、と思いました。

会社はシラを切りますが、おそらくここに至るまでには何度も対応を訴えたでしょう。

私はプロの弁護士なら、まず、二人の部署で上司がうつ病になった時点で対応をすべきであったこと、診断書1枚で半年以上放置せず医師の面談への同行などすべきであったこと、放置して部下の子が悲鳴を上げたら部下の子を痛めつける行動などは会社の安全配慮義務に反しており、すぐに対応を見直すこと、等を指導して欲しいと思いました。

明日から、この部下の子をギブアップさせるために罵倒するような内容の書類作成に関わらないといけないと思うと、出勤したくないです。

私は甘いのでしょうか。弁護士に向いてないのかな。

閲覧数:
829
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

際慶子さんの画像

専門家

際慶子さん

2018/8/1609:45:04

今回、貴方が直面したことは、仕事に対する甘さの問題ではなく、弁護士として何を信条として動くかという姿勢の問題のように思います。

貴方の上司の弁護士は、「クライアントの敵は徹底的に排除する。そのためには相手が弱者であっても手加減しない。それがクライアントの利益である」という考え方なのではないでしょうか。

部下の子が「あっせん」を選択したというのは、経済的事情もあったでしょうが、「なんとか話合いで解決したい」という思いもあったのだと思います。
それに対して、徹底抗戦で応じることを選択したことが果たして正解だったのか、という疑問は生じますが、それがその弁護士の方針であり、仕事の仕方であるなら、そのように理解するしかないと思います。

ですが、貴方はそうではない。
貴方は、今回のような紛争が生じたときに、弱者の立場も考えて、クライアントの問題点を指摘し、訴訟に発展しないように、話合いやお互いの譲歩で問題解決を試みることができる方で、それがクライアントの利益になると考えているのだと思います。
そのような考え方の弁護士も多くいらっしゃいます。

上司の弁護士が正しくて、貴方が甘いわけでも間違っているわけでもないですし、逆に上司が間違っていて、貴方が正しいというわけではなく、「弁護士」という職業の倫理観をどう考えるか、弁護士としてクライアントの利益をどう考えるか、という点で、考え方が異なっているのだと思います。

今後、無事に司法試験に合格されて、晴れて弁護士事務所を立ち上げられた時には、貴方がこれこそが弁護士だと思うお仕事をされると良いと思います。

ちなみに、私は貴方の考え方の方に賛同します。
頑張ってください。

  • 質問者

    shi********さん

    2018/8/2119:51:30

    回答ありがとうございます。
    冷静なご意見とお優しいお心遣いに感謝申し上げます。
    弁護士も事業ですし、企業運営はきれい事では出来ないことは理解していながら、何故こんなに苦しいのか、おかげさまで、頭を整理することができました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/8/21 20:11:40

早々に、貴重な助言を頂きありがとうございました。
他の方も、貴重なお時間を使って回答頂きありがとうございました。

改めて考えていたのですが、依頼を受けることはともかく、反省すべき点は反省を促さないと、結局は新たな被害者を弁護士が積極的に増やすことになるのではないか、これが受け入れられない点だな、と気づきました。
明日、正直に伝えてクビなら余所に移ろうと思います。
担当外れて喜んでいた自分も反省です。

回答した専門家

際慶子さんの画像

際慶子

特定社会保険労務士

働く女性と労動者の側に立つ特定社会保険労務士

【労働問題は、裁判以外の方法で、余分な時間やお金をかけずに解決しましょう!】 ◆初回無料相談 「Yahoo!知恵袋をみた」とお伝えください。 電話番号 090-6934-1397 原則9時~20時            つながらない場合がありますが、伝言を残していた...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

k_m********さん

2018/8/2019:05:17

パワハラなどと言い出しちゃってるうちは全然甘いです。過酷な職場はまだまだゴロゴロあります。

貴方は弁護士になるんでしょう?こんな所で被害妄想膨らませている場合じゃないです。目の前の仕事魂を込めて下さい。

上司に一々へこまされないように考えて下さい。自分に非がないか、仕事に抜けめはないか。目の前のことに必死に目を向けていればパワハラなんて言葉浮かんでくる余裕さえなくなります。そして気づいたら力がついているといった世界です。


そうでなければどこへ行っても、自分は悪くない、パワハラだ何ハラだーと言っては疲れている典型的な所謂ゆとりということです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ay2********さん

2018/8/1900:16:59

質問者さんのお考えが本来あるべきアプローチの仕方だと思います

会社側としては上司の保護を優先させたいとのことですが、これは単に、法的視点などを離れ、会社が力に物を言わせて弱者を潰すことで不当に保身に走りたがっているだけですよね
また、労働法制上も、会社側がその部下(労働者)に対して必要な保護等をしていない点で違法な行為といえると思います
いくら経営者側の弁護士だからといって、会社に言われるがままに行動すればよいというものでは当然ありません
会社がいけないことをしていれば、それを改善させ健全化させることも弁護士の仕事です
違法なことをしている会社側に加担することは、結果的に自分の首を絞めることにもつながります
十分に懲戒対象になると思いますよ

個人的にも、質問者さんのような方に弁護士になってほしいと思います
世間では「正義の味方」なんて言われていたりもしますが、実態は…というところが弁護士業界にはありますよね
それが当然なんて世界であり続けてほしくないと思います

もちろん、質問者さんのように、上の人間との意見の相違によって事実上自分が不利益を被ってしまうということもあるでしょう
そして、時としてその不利益とは甚大なものになる場合もあると思います
ただ、そこで折れてしまうと現状が変わらないままになるということも言えます

実際上はとても難しい問題だと思いますが、個人事業主としてやれる弁護士なら、自分の思うところを貫くということもしやすいのではないかとも思うので、この先質問者さんが弁護士になれた暁には、ぜひとも自分の信念を貫いて正義の実現を目指してほしいなと、一国民として思います

受験勉強頑張ってください
陰ながら応援しています

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

har********さん

2018/8/1714:07:36

職場環境改善工房の原田芳裕と申します。

http://sk3-harada.jp/
今まで、1000人以上の方のハラスメント相談に対応させて頂いた実績がございます。
また、企業のハラスメント防止対策のコンサルタント・社員教育・経営コンサルタント等も行っております。

弁護士さんと連携することもあります。(ちなみに、弁護士でも社労士でもありません)
最近は、経営法曹の弁護士の先生でも、労働関係の対応の質が落ちてきているといわれます。弁護士業のサービス化が個々の実務的経験の豊穣をやせ細らせているともいえます。

実際に相談主さまが経験したケースは、経営法曹の側であれば、十分に考えられるケースです。

また、良心というのも人それぞれです。清い心を持ってるつもりでも、実は汚い心にさえ抗えない弱さで自分をだましているケースもあります。

その弁護士は、人の心を見るのを避けて淡々と仕事をするタイプのようです。であれば、そういう人の仕事の仕方をクールに見つめる良い機会と考えた方が、相談主さまのプラスに働くように思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

msi********さん

2018/8/1620:18:35

そうですね。考えが甘いと言うより、法律の専門家である以上法律に乗っ取った行動をするべきと思います。

双方の人間の善悪を法律に乗っ取り判断し訴訟する。これが正義です。世の中には色々な事があり、正義では判断できない事もありますが、弁護士である以上、正義はつらぬいてください。

メシが食えようが、食えまいがそれは結果であり、自分の行動、発言には責任を持ってください。今時の年寄りたち、政治家、官僚、どこぞのボクシング会長、日大理事長等、ほんとにくだらない奴らが多すぎます。こんな奴らは世間のさらし者にするのが一番の薬です。くだらん会社の一例です。https://www.logsoku.com/search?q=%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%88%E5%8C%...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hac********さん

2018/8/1617:13:21

弁護士になって成功したいなら、クライアントの利益を最優先に考えることです。
法律は弱者を守るものということを本気で信じているとしたら、現実問題として甘いです。弁護士は法の専門家かもしれませんが、お客さんあっての仕事です。どんなに理想を言ったってクライアントを獲得しなければ、ただの資格保持者にしかならない。
理想を持つのはいいことです、理想を追うのもいいことです。
それはあなたが現実的に弁護士で食べられるようになってからにしましょう。
誰のために仕事をするの?弱者のためではありません。クライアントのためです。
厳しいかもしれませんが、現実です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる