ここから本文です

山本勘助が生きていたら武田家はどうなっていましたか?

sfg********さん

2018/8/1600:27:10

山本勘助が生きていたら武田家はどうなっていましたか?

閲覧数:
112
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

川崎さん

2018/8/1706:05:32

現在、山本勘助(菅介とも。以後は史実のカンスケは菅介。『甲陽軍鑑』のカンスケは勘助とします。)について判明していることは、「主に北信濃で活動し、信玄から一定の信頼を受けていた武将」ということぐらいです。
菅介は、各地の国衆への使者や、各地の城に勤めていた武田家臣への使者も勤めていたようですね。

また、信玄から、関所からの税を徴収できる権利を褒美として与えられています。
この武田家からの対応から、山本菅介は他国から来た武将で、足軽大将クラスであったと推察されます。

他国から来た足軽大将の筆頭クラスは原虎胤ですが、
虎胤は城を任されていますが、菅介は任されていません。
つまり実在の菅介は、一人で今後の戦局を左右するような人物ではないようですね。


仮に『甲陽軍鑑』に出てくるような、軍師として武田の軍政に関与していた山本勘助であったならば、それまでの武田家の戦略は北信濃制圧に20年弱もかける慎重な路線です。
また、上田原の戦いや、砥石崩れ、第四次川中島の戦いなど、敗戦や損害を被ったのは勘助の生前です。
勘助の死後に、目立つ敗戦はありません。

つまり、勘助が死んだ後に武田は弱体化しておらず、むしろ戦績が良くなっています。


以上の事から、現在判明している地味な山本菅介でも、『甲陽軍鑑』に出てくるような派手な山本勘助であっても、長生きしてもさしたる影響はないでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2018/8/1615:13:56

彼一人では実際の歴史から大きく変わらなかったと思います。
個人的には信玄の弟の武田信繁が生きていたら、武田家中的にも影響力の高い人物だっただけに違ったのではないかとみています。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる