ここから本文です

映画、プライベートライアンについて

sen********さん

2018/8/1602:39:12

映画、プライベートライアンについて

最初の上陸シーン、固定砲台や機関銃で甚大な被害が出ていました
ふと思ったのですが、アレって上陸前に相手側に大量にスモーク焚きまくって、とにかく高台の視界を奪って、上陸するべきじゃないかと思ったのですが
あの状態ではまさに絶好のマトですよね?

映画だからああいう演出になったのでしょうか?それとも、実際の戦争でもあんな感じで玉砕突撃だったのでしょうか?
私のスモーク炊きまくり上陸案は間違っておりますか?

閲覧数:
767
回答数:
11
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mu7********さん

2018/8/1607:10:33

さまざまな悪条件が重なったから、大きな損害を得ましたが、本来はそうなる予定ではなかった、ということです。

その1 防衛担当のロンメルが「上陸しそうなところ」と目星をつけて、海岸防衛用の貼りつけ師団の716師団以外に、352師団も配備していたが、そのことに連合軍は気が付いていなかった。(予想以上の兵力で守っていたということ)

その2 海岸防御陣地は上陸に先立つ爆撃で破壊される予定だったが、爆撃に失敗し、防御陣地はほとんど無力化できなかった。(代わりに海岸背後に配置されていた突撃高射砲兵部隊が甚大な損害を被った)

その3 事前の艦砲射撃で海岸防御陣地を破壊するつもりだったが、ほとんど失敗に終わった。(観測できないと驚くほど当たらない)

その4 潮流が速く、多くの上陸用舟艇が流されてしまい、予定上陸地点に上がれず部隊がばらばらになってしまい、指揮系統が混乱してしまった。

その5 悪天候で海が荒れて、DD戦車は発進したもののほとんどが水没してしまったこと。(イギリス軍は戦車による上陸支援がうまくいったのでアメリカ軍ほど損害を食らっていない)

その6 上陸前の事前砲爆撃でドイツ軍を壊滅させる予定だったので、干潮時の上陸を計画してしまったこと。(実際はそれができなかったので開けた海岸を上陸する羽目になった)

煙幕を張ってしまうと、攻撃側の視界も奪うということ。上陸地点の攻撃方向もわからなくなる、支援砲撃もできない、となると煙幕は晴れません。

そもそも、支援砲撃は海軍が行っていますが、駆逐艦や巡洋艦、戦艦の主砲に煙幕弾って大量に備えているのでしょうか?艦艇は砲弾を使わずに煙幕を張ることがあるので、砲弾を準備しているかな、と素朴な疑問。

  • 質問者

    sen********さん

    2018/8/1704:28:17

    ものすごくわかりやすい解説ありがとうございます。
    前提として、そもそも防御側陣営の設備を破壊してから上陸する予定だったのですね。

    そして、上陸中も後方支援で相手の固定砲台を破壊するために煙幕は張らない方がいいということですね。

    映画だと固定機関銃相手に歩兵がライフルで戦うという無理ゲーをしていたので…実際は後方から艦隊砲撃や航空支援もあるから視界を奪うのは得策じゃないということですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「プライベートライアン」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sup********さん

2018/8/2012:40:09

ノルマンディー上陸作戦を決行する前にあらかじめ空からの攻撃で敵に被害を出した上で上陸するつもりだったみたいですけど、その空爆時は天候が悪くて地上がよく見えずほぼドイツ側は無傷だったみたいです(何かで見たか聞いた記憶がある)。
ただ、それを知らない上層部や現地の兵士からしたら激戦になるとは思わなかったんじゃないですかね。そこまで考えていなかったってことだと思います。
天候なんかのマイナス面を度外視して、実際スモークが炊けてればもう少し被害は抑えられたのかもしれないですね。

mat********さん

2018/8/1808:14:32

スモーク展開上陸案は間違ってはいませんが、ノルマンディー上陸作戦の際には使えなかったでしょう。

発煙弾を撃って上陸することはありますが、それは相手に撃ち込むというより、自分のすぐ前や周りに発射して自分を煙で隠すことで身を守る使い方が一般的です。
https://www.youtube.com/watch?v=3GoeKQMVSt8
ただそうすれば当然、自分の視界も奪われることになりますから、それを行ってでも上陸するということはよほど相手が強力な陣地であると予測していた場合です。

しかしプライベートライアンの舞台であるオマハ・ビーチ。連合軍はドイツ軍守備隊は二線級のしかも少ない部隊しかいない。と予測していたためここを上陸地点に選びました。
ところが実際には精強なドイツ歩兵師団がいた。予想していなかった強力な部隊がいたためあれだけ苛烈な反撃を受けたのです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%...オマハ・ビーチ

発煙弾などを用意するほど最初から苛烈な反撃を受けることが予想されていたら、そもそもその地点には上陸せず、上陸地点を変えていたのでしょう。

また発煙弾を撃つには戦車などの戦闘車両から撃つしかないですが、その戦車などはオマハビーチの場合、海岸に到着する前に浸水してほとんどが失われており、発煙弾を撃つ車両がなかったでしょう。

wws********さん

2018/8/1710:41:01

不確かな記憶によればNHKドキュメンタリー番組で当日は風が強かったから煙幕はすぐに風に流されて役に立たなかったというのがありました。

で、ググったら

本来のノルマンディー上陸作戦の予定日は6月5日でしたが、この日のドーバー海峡付近は激しい暴風雨に見舞われていたため連合軍最高司令官のドワイト・アイゼンハワーは作戦期日の1日延期(6月6日)を決定しています(6月5日の上陸作戦のため、6月4日からノルマンディー沖に集結を始めていた輸送船団は中止命令を受け引き返した)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111302232...

というのがでてきました。

傍証として
キャンバスの浮袋をつけた水陸両用の戦車なんかも開発されていましたが、想定では沖合数キロのところで発進が海が荒れたため近づけず想定外の処から発進したため陸地に到着する前に沈んだそうです。距離は記憶です。

朝飯をお腹いっぱいに食べたら、船酔いが酷くて溺死した

とか

https://www.youtube.com/watch?v=V26EHm1iXIg
といった(どれか質問の答えかわかりませんが)ドキュメンタリー番組を見て見て下さい。

qnk********さん

2018/8/1612:51:29

多分間違っています

演出について 実際、映画だけでなく本当の戦争でも被害は尋常ではなかったようです
冒頭のシーンは現実に忠実的に描いてます

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

okl********さん

2018/8/1612:27:26

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる